相手が喜ぶと自分も嬉しい 従業員の朝礼優秀賞 2019年6月

投稿No:8308

相手が喜ぶと自分も嬉しい 従業員の朝礼優秀賞 2019年6月:松葉眼科・さんプラザコンタクトレンズ

従業員の朝礼優秀賞(2019年6)は、松葉眼科の平岡さんでした。

選考の理由

私たちは「顧客満足と従業員満足の両立」を志向しています。

顧客満足と従業員満足にはミラー効果があります。

相手がが喜んでくれれば、自分も嬉しくなるからです。

父の日に 父に感謝

事例は、バスの運転をしていることが、乗客に喜んで貰え、乗客からありがとうの感謝の言葉があった話です。

乗客の感謝の言葉が、自分自身に運転の喜びを感したお話でした。

これは、相手がが喜んでくれれば、自分も嬉しくなる具体例でした。

お話は、6月の父の日の感謝につながるお話でもありました。

父の日に、お父さんに感謝しました。、子供からの感謝の言葉で、お父さんも満足する、相手がが喜んでくれれば、自分も嬉しくなる、良循環の話でもあります。

朝礼優秀賞のスピーチ

朝礼優秀賞
 

昨日6月16日は父の日でした。

毎年贈り物はしないのですが、健康で過ごしてもらいたい事といつもありがとうという気持ちを電話で父に伝えました。

私の父は長年バスの運転手をしていました。

私が小さい頃は大型の観光バスを扱い、地方出張が多く、よく見送っていました。

休日には道路地図の本を見ている姿が印象に残っています。

観光バスは利用するお客様と顔を合わせる時間が少なく一期一会になる事も多いと、そのあとは地元の生活として必要な交通手段でもある民間バスを定年まで運転していました。

親子連れ、学生、お年寄り、毎日利用する方も多く顔見知りなお客様が増えたそうです。

ある学生からは「おじちゃん、ありがとう!」と毎日言ってもらえて嬉しいと夕食の時に話していた事もあります。

地域の方々と触れ合い、支えになり、「安心・安全を第一に」長年仕事に向き合ってきた父を尊敬します。

医療の場でも同じですが、患者様、お客様には常に安心して利用して頂き、安全を一番に。自分自身もこれから沢山の方々の支えになれたらと思います。

朝礼優秀賞 アーカイブ