恩納村前兼久では、焦げ付くように太陽が燃えています。金城クレアちゃんは、新しい服にネックレスと髪飾りを着けて、ひょっとすると、沖縄発ミスユニバースを目指すような、写真ポーズを取ってくれました 第111回沖縄訪問(7)

恩納村前兼久では、焦げ付くように太陽が燃えています。金城クレアちゃんは、新しい服にネックレスと髪飾りを着けて、ひょっとすると、沖縄発ミスユニバースを目指すような、写真ポーズを取ってくれました。

【沖縄恩納村の真夏の太陽は、フライパンの鉄板のように、暑さがジワジワと伝わってきます 第111回沖縄訪問 その7】

クレアちゃんは早速お土産の服を着て、ファッションを楽しんでいます。

金城家にて

「これどうかしら?」という感じで、ちょっと大人っぽくなってきました。

金城家にて

新しい服を着て、こちらを見ては、すました顔でポーズを取っています。

金城家にて

こういう姿を、みんなで見ていると、「これはひょっとすると、モデルにスカウトされるような美人になるかもしれない」、あるいは、「これはひょっとするとファッションモデルになれるかもしれない」というような、期待を込めて見てしまいます。

金城家にて

ネックレスも髪飾りも付けています。

金城家にて

少しずつ大人になっていくのが分かります。と言っても、まだ幼稚園です。

金城家にて

たくさんの写真を撮って、クレアちゃんも満足です。

金城家にて

写真の角度も少し分かっているようで、ちょっと大人っぽい仕草をしてくれました。

金城家にて

次は何処に行こうかなと思っているときに、「こんな野菜をくれました」と金城正則さんが見せてくれたのは、苦みのある高菜です。

金城家にて

これは、薬草にもなります。

金城家にて

クレアちゃんは、まだまだポーズを取っています。

金城家にて

首を少し横にしてみたり、指先でスカートの先を広げてみたり、甘えるような仕草をしてみたり、立ってみたり、座ってみたり、誰に教わったのでもないけれど、カメラに向かって様々なポーズを取っています。

金城家にて

お昼ご飯は、奥さんと二人で、「おんなの駅」に行きました。観光客で一杯です。夜光貝の殻だけを1個1000円で売っていました。

おんなの駅

夜光貝は機械で磨くと綺麗になりますが、このままだと素朴な飾りになります。お店もとても流行っています。

おんなの駅

しかし、これは、夜光貝の残骸で、もう一度、年月を掛けて、これだけの大きな夜光貝を育てるという発想は、あるのでしょうか?

おんなの駅

魚や野菜の天麩羅が300円と、マグロのにぎり寿司が650円を注文しました。

おんなの駅

もずくの味噌汁は100円を頼んでいます。

おんなの駅

これらを持って出て、野外で食べます。

おんなの駅

おんなの駅

お店の方が冷房がきいて、涼しいのですが、松葉博雄はあえて、お店の外の、暑い風が吹くテーブル席に着席し、眩しいような陽の光を見ながら、昼食を取ります。

太陽のエネルギーが体に吸収されると、体調を悪化させている、何らかの原因が、殺菌され、元気になるのではないかと思っています。


大きな地図で見る

2009年8月10日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です