食べたいな スッポン:丹波市山南町のスッポン料理「茶寮ひさご」では、「今がスッポンの一番美味しい季節ですよ」と言われました。ゼラチン質の皮が付いた甲羅が、皿に盛られて出てきました

食べたいな スッポン:丹波への近隣ツアー(3)

食べたいな スッポン:今日の席は、お座敷ではなくて、テーブル席になりました。奥の部屋に壁に沿ったコの字型のテーブル席が作られて、そこで奥さんと向かい合って座っています。

スッポン料理「茶寮ひさご」

この方が腰の負担が軽くて、ラクなことはラクなのですが、畳に座ってお店の人がいないときには、横になって寝るということは出来ません。

食べたいな、スッポン、今が旬のスッポンを食べたいなぁと思い、やってきました。テーブルには料理の準備が整っています。

スッポン料理「茶寮ひさご」

お店の中で、他の席の会話が聞こえてきます。会社の接待で来ているお客様なのか、話の内容がビジネスの話で、ところどころ知っている話に繋がって、思わず、相づちを打ちたくなりました。

スッポン料理「茶寮ひさご」

接待のお客様が、食事を終えて、いざ精算のときに、レジを触る経営者が、ちょっと外出していて、お店の中で、経営者が帰ってくるのをじっと待たされていました。

スッポン料理「茶寮ひさご」

金額は分かっていて、お金も払えるところまで来ていても、レジの鍵が開かないようです。

スッポン料理「茶寮ひさご」

食べたいな、スッポン、と思っていたら、スッポンのコースは、最初にぶどう粒ぐらいの卵が出てきました。

スッポン料理「茶寮ひさご」

「スッポンの血を飲まれますか?」と尋ねられたので、元気、精力を付けるために、頂くことにしました。

スッポン料理「茶寮ひさご」

スッポンの血は、日本酒に薄められて、グラスに注がれ、「どうぞ」と勧められました。「困ったなぁ」と思います。

スッポン料理「茶寮ひさご」

食べたいな、スッポンを食べたいな、と思ってはいるのですが、車の運転があるので、スッポンの血なら飲めると思ったけれど、お酒になっていると、飲めません。

スッポン料理「茶寮ひさご」

スッポンの鍋の準備が始まります。ひとつの皿に半分がスッポンの茹でた骨つきの肉の部分、半分は地元の野菜です。

スッポン料理「茶寮ひさご」

お皿の上にはお肉の下敷きとして、分割したスッポンの甲羅が敷かれています。

スッポン料理「茶寮ひさご」

甲羅の部分には、ゼラチン質のプリンプリンとした皮が付いています。割り下がついて、お鍋に入れて、出汁が熱くなった頃、順次、スッポンのお肉を入れていきます。

スッポン料理「茶寮ひさご」

食べたいな、スッポンを早く食べたいのですが、もう暫しの我慢を強いられています。鍋が出来上がるまでは、鮎の塩焼を頂きます。残念ながら、養殖もので、天然の鮎ではないそうです。

スッポン料理「茶寮ひさご」

スッポン料理を食べるときは、忙しくなります。

スッポン料理「茶寮ひさご」

かにの料理を食べるときのように、スッポンの、骨についたゼラチン質の柔らかい部分や、お肉を切り離しながら、まるでしゃぶるように食べていくので、会話も出来ないほど忙しいのです。

スッポン料理「茶寮ひさご」

最後は、スッポンの雑炊です。今の出汁で、具材をすくい上げて、雑炊を作るのかと思っていました。ところが、厨房に取っている出汁で、新たな出汁で雑炊を作るそうです。

スッポン料理「茶寮ひさご」

「この暑いのに、スッポンを食べる人はいるのですか?」とサービス係の人に尋ねると、「今が旬なのです。一番美味しい時が、今です」と言われました。

スッポン料理「茶寮ひさご」

ビールを飲まないで、食事中心なので、よく食べられましたが、残念ながら、スッポンの雑炊は、少し残ってしまいました。

スッポン料理「茶寮ひさご」

気がかりな鍋に残った出し汁は、「持って帰れませんか?」と遠慮がちに尋ねてみれば、なんと「いいですよ」と持たせてくれました。

スッポン料理「茶寮ひさご」

出汁には、一緒に入れるように、乾燥うどんが添えられています。これだと、一食分作らなくても、食べられそうです。スッポン料金は、スッポンのサイズにも寄りますが、大体、一人15000円ぐらいだそうです。

食べたいな、スッポンを食べたいなと、期待していたスッポンを食べられて、お腹いっぱいになりました。これから近隣を回ってみます。

 

2009年7月30日(木)

 

 


大きな地図で見る

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です