社長メッセージ:「鳥の眼と蟻の眼」(2009年7月号)

給与袋に添えて[6月号]

給与袋に添えて

鳥の眼と蟻の眼

トマトが熟して来て、そろそろ食べようかなと考えている翌朝には、カラスが先に食べている事がありました。

床にこぼしたお菓子のかけらに、蟻が群がって運ぼうとしています。

鳥の眼は高い所から全体を見渡して、美味しい獲物を狙っています。

一方、蟻の眼は良くこんな所まで、細い物を見つけたなと感心する程、細部を見ています。

企業の経営に於いても、全体を見渡す鳥の眼と、細部にまで眼を配る蟻の眼が必要です。顧客満足を考える時、長期的、全体的な思考は鳥の眼で、眼の前の今接近中の思考は蟻の眼で見る事が求められます。

2009(平成21)年7月
社長 松葉 博雄




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です