大阪市立大学大学院:博士学位申請論文公聴会が開かれるそうです。博士号習得には、予備審査や構想発表会など、何回かの審査が続きます

今日の明石芳彦ゼミでの報告は、松葉博雄が第5章を報告しました。

大阪市立大学大学院

大阪市立大学大学院

第5章といっても、終わりの章で、これまでの各章の大切なことに触れ、疑問点が何であり、それがどのように分かったのかを報告しました。

大阪市立大学大学院

大阪市立大学大学院

図書室で、本を読んで、掲示板に注意事項を確認します。

大阪市立大学大学院

博士学位申請論文公聴会が、7月にあるようです。

大阪市立大学大学院

関心のある人は、聴講しても良いという掲示です。

大阪市立大学大学院

松葉博雄が報告する場合も、このように、掲示されるのかと思うと、うまくいくか心配になってきます。

大阪市立大学大学院

2コマを使って、報告した後は、明石芳彦先生から、指導を受けます。

大阪市立大学大学院

だいたいのところはこれまでの方向で良いとのことでした。

大阪市立大学大学院

序章から始まり、1章ごとに進み、結章まで来たので、これで予備論文提出に進めそうです。

大阪市立大学大学院

報告会では、初めて松葉博雄の報告を聞く先生方もいることが予想されます。

そのためには、ロジカルに説明することや、ストーリーとして、どのように展開していくのかが、初めて聞く人にも、分かるように、説明することに、注意をしてくださいと、アドバイスがありました。

2009年7月6日(月)