摩耶山天上寺詣りをし、仏陀とマーヤ夫人に家内安全を祈願しました。天上寺の仏壇には、その他の仏様も並んでいます。松葉博雄は、その他の仏様よりも、仏陀やマーヤ婦人にお願いしました。 神戸といえば六甲山です(2)

掬星台に着いたら、摩耶山天上寺には、歩いて向かいます。

摩耶山天上寺

天上寺の石段の階段を上がるのは大変です。

摩耶山天上寺

脇道を選べば、100段も続くような階段を昇らなくても済みます。

摩耶山天上寺

その脇道を昨年見つけたのですが、年が変わると忘れてしまって、奥さんと二人で迷いながらもう一度、来た道を戻り、見つけました。

摩耶山天上寺

「オテル・ド・摩耶」を目指して行けば、脇道があります。

摩耶山天上寺

松葉博雄は、亡くなった母が80歳のときに、この階段を上った元気さを覚えています。

摩耶山天上寺

100段の階段を上ることなく、脇道から天上寺の正面入り口に着きました。

摩耶山天上寺

天上寺は、女人高野とも言われ、正親町天皇勅願所の格式あるお寺です。

摩耶山天上寺

まずは、本堂に上がり、お線香をお供えし、ロウソクを買って、灯明をかざし、奥さんと二人で家内安全のお祈りを捧げました。

摩耶山天上寺

5月の8日には、仏母会・花会式が予定されています。

摩耶山天上寺

母の日の頃でしょうか。摩耶山天上寺には、仏陀を生んだお母さんである、マーヤ夫人をお祀りしています。

摩耶山天上寺

摩耶山天上寺

マーヤ婦人から、摩耶山の名前が付いています。

摩耶山天上寺

仏壇を見てみると、あれやこれや、少し頭の整理が必要なように感じました。

摩耶山天上寺

なぜなら、仏陀とマーヤ婦人は分かりますが、インドのヒンドゥー教に出てくるような像、弘法大師、菩薩像、如来像がオンパレードに並んでいます。

摩耶山天上寺

神様、仏様は、多い方がいいのでしょうか?

摩耶山天上寺

そう思いながら、家内安全を祈願し、脇にある大きなリンを打つと、澄んだ音色の深い音が堂内に響き渡りました。

摩耶山天上寺

お詣りを済ませて、摩耶山からの景色を見てみれば、まだ遅咲きの桜が見えました。

摩耶山天上寺

摩耶山天上寺の脇道を通り、「オテル・ド・摩耶」に向かって、来た道を戻ります。「オテル・ド・摩耶」では、ケーブルカーに乗って来た人達の目的が分かりました。

 

2009年4月30日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です