社長の現場視察:株式会社メニコンの本社は、名古屋市中区にあります。メニコン本社訪問(1)

社長の現場視察:社長の現場視察は、メニコン本社を訪問しています。JR新神戸から名古屋の千種駅まで メニコン本社訪問(1)

社長の現場視察です。さんプラザコンタクトレンズの社長は現場視察をしてきました。今日は、経営の研究のために社長の現場視察です。松葉博雄は、大阪市立大学大学院博士後期課程で、目下、博士論文に取り組んでいます。

新神戸駅

博士論文の内容には、コンタクトレンズ業界のことに触れています。特に、コンタクトレンズ企業の経営について、経営者の考えも掘り下げて取り組んでいます。そこで、社長の現場視察となりました。

新神戸駅

今日の社長の現場視察は、理論では分かっていても、実際には、どのように経営がなされているのかを実際に社長の現場視察をして、現場を見て、確認することになります。

名古屋へ

名古屋へ

 

普段よりも早く起きて、新幹線新神戸駅でのぞみに乗ります。

名古屋へ

新大阪、京都を通過すると、すぐに名古屋に着きます。

名古屋へ

その間でも、松葉博雄は、居眠りをしていました。目が覚めると、もうすぐ名古屋駅に新幹線は到着寸前でした。

名古屋へ

在来線に乗り換えて、千種駅で下車すると、およそ5分ぐらい歩きます。

名古屋へ

JR沿線の建物は、新神戸から名古屋に移ると、景色が一変しています。

名古屋へ

広告も関西から中部地方の広告に変わっています。

名古屋へ

日当たりの良い、春らしい気温です。名古屋の町並みは、神戸と比べると、道幅が広いのが特徴です。

メニコン名古屋本社

道幅が広いと、道の端にも花壇があり、街路樹もあれこれと植えられていて、広々と感じます。

メニコン名古屋本社

真っ直ぐ歩いて行くと、交差点を経て、その先に、社長の現場視察となる、株式会社メニコンの本社ビルがすぐにありました。

メニコン名古屋本社

メニコン本社ビルは、平成7年(1995年)3月に建てられています。本社ビルの玄関には、すでに役員の方がわざわざ出迎えておられました。

メニコン名古屋本社

社長の現場視察では、ビジネスの話が中心です。経営の研究のために、あれも知りたいこれも知りたいと、思うこともあります。あれも聞きたい、これも聞きたいと思っているうちに、エレベーターで案内され、メニコン田中英成社長の社長室の前に着きました。

社長室の奥には、メニコンの田中英成社長が待っていらっしゃいました。

2009年4月22日(水)