役に立つもの モロゾフのプリンのガラス容器は非常時に役に立ちました。

投稿No:8219

役に立つもの 見てくれは悪くても、モロゾフのプリンの容器は、阪神淡路大震災の非常時に役に立ちました。

役に立つもの、と言えばモロゾフのプリンの容器

春になると、コンタクトレンズのシーズンになります。

土用の丑の日のうなぎ屋さんのように、大晦日のお蕎麦屋さんのように、お客様が集中する時が一年の内で、特定の日に起きます。

そんな時、スタッフの皆さんは、対応にてんてこ舞いです。

そこで、仕事が終わったときに、ご苦労様でしたと、プリンを用意しました。

神戸でプリンといえば、モロゾフのプリンが有名です。

モロゾフのプリンには、小さいカップと、大きいカップの2種類があります。

いずれも、耐熱性の強化ガラスがプリンの容器に使われています。

このガラスコップが、プリンを食べた後にとても役に立つのです。

役に立ったのは、ガラス容器が壊れた震災の時

私の思い出は、1995年1月17日の阪神淡路大震災の時に、自宅でも職場でも、ほとんどのガラスコップが割れてしまいましたが、モロゾフのプリンのカップは、びくともしませんでした。

平時の時はクリスタルの薄い、見た目にきれいなガラスコップを大切に使って、見てくれの悪いモロゾフのガラス容器には、眼をかけていませんでした。

震災の非常事態に、このモロゾフのガラス容器は、とても活躍してくれました。

震災直後には、お茶を出すのにも、水を飲むのも、食べ物を入れる食器にも、このガラス容器を代用しました。

普段、クリスタル製の薄いコップを愛用していましたが、見栄えと口当たりの良いクリスタルコップは、震災の時には、全滅していました。

平時に輝いていても、事変には役に立たない人もいる

震災の時のことですが、聞いた話では、震災が起きるまえには、その働きぶりはスマートで職場でも輝いていた人がいました。

それが、突然の大震災で、家が壊れ、車はつぶれ、職場は倒壊した時には、これまでスマートに輝いていた人が、へたり込んで立ち上がることもできず、ただただ、電話にしがみついて、親戚、友人、知人へ自分自身の窮状を訴え続け、家族をたすけることもできなかった人がいました。

平時には目立たないけど、事変には役に立つ人

これと反対の、平時には目立たないけど、事変には役に立つ人の例は、赤穂藩家老の大石内蔵助です。

大石内蔵助は、平時では「昼行燈(ひるあんどん)」とあだ名され、その才能は目立たない状態だったそうです。

昼行燈とは、明るい昼間に、行燈に明かりをともしても分からないことを揶揄した言葉です。

しかし、浅野内匠頭が江戸城で吉良上野介に刃傷に及んで、赤穂藩取り潰しになったときは、幕府の裁定に異議を訴えて、吉良上野介を打ち取り、喧嘩両成敗を示したことは、忠臣蔵のストーリーでおなじみの物語です。

モロゾフのプリンのコップは、平時では目立たない、見てくれも良くないコップですが、あの大震災の時には、クリスタルグラスが壊れたときに、クリスタルグラスに代わって、活躍してくれました。

仕事の後のプリンは疲れを癒す

プリン自体も、とても美味しいのです。

小さなプリンも市販されていますが、モロゾフのプリンは、珈琲茶碗一杯分くらい沢山の量がガラスコップに入っています。

一番底には、カラメルソースが甘い甘い味付けをしてくれています。

食べても美味しい、食べた後も役に立つモロゾフのプリンは、とても値打ちがあります。

役に立つものは、強化・耐熱加工をしてるから強い

プリンのコップ容器は耐熱ガラスなので、熱いお湯を入れても割れません。

強化ガラスなので、床に落としても、少々のことでは割れません。

コップ以外にも、使い道はあります。

夏の暑い日に冷やし素麺を食べるとき、モロゾフのガラスコップに蕎麦つゆを入れて頂くと、涼しさを感じます。

クリスマスの日には、ガラスコップにロウを入れて芯を立てると、キャンドルになります。

1月17日の阪神淡路大震災の追悼の日にも、ろうそくの灯りを点してくれます。

社員の皆さんにプリンを食べてもらった後は、このガラス容器を水洗いして、また何かに使おうと思っています。

会社の出来事 アーカイブ

2019年4月

コメントを残す