社長メッセージ:「新しい仕組み作りの困難性」(2009年1月号)

給与袋に添えて[1月号]

給与袋に添えて

新しい仕組み作りの困難性

2005年の薬事法の改正、2006年、2008年の2度の医療報酬の引き下げにより、コンタクトレンズ業界に大きな変動が起きています。

変動は企業と店舗に閉店、移転、撤退、企業売却などの形で表われています。

外で起きている変革に対して、個別企業の内でも変革に対応し、存続を計らなければならないのですが、私達は変革が厭だと避ける傾向も有ります。

成人式が来ても大人に成れない人のように、これまで慣れていたことから、新しい仕組みを作り移行することは、分っていても心の中に変わりたくない心の抵抗が有るようです。

2009(平成21)年1月
社長 松葉 博雄


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です