社長メッセージ:「競争力の源泉はどこから?その2」(2008年12月号)

給与袋に添えて

競争力の源泉はどこから?その2

企業が収益力を得るには、何か他の競争相手とは違った力の源(みなもと)が有ります。

それが分かれば、その真似をしたら、きっと相手に負けないような競争になりそうです。この真似ができるか、できないかが問題です。

美空ひばりの真似をして歌ってみても、真似ができるでしょうか。テレビで観る「一発芸」の一寸した真似なら多分、似ていると評価されるでしょうが、長い芸と成ると、時間を掛けて練習し、本物に迫るまで細かいことまで研究が必要となります。

企業の競争においても、この真似がしにくいことと言えば人間であり、個性や良い仕事への姿勢となります。

人間を同じ人の様に真似し、コピーすることは不可能なことです。

私達が顧客アンケートから得られている良い事は、皆さんの顧客へ接する姿勢であり、これは真似が難しい模倣困難性にあります。

2008(平成20)年12月
社長 松葉 博雄


 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です