ブライダルの街神戸北野町 北野クラブで結婚式です。

投稿No:8114

北野町は、朝ドラの「風見鶏」で一躍有名になった町です。

神戸北野クラブで結婚式と披露宴

神戸で名高い大人の社交場北野クラブは1957年、神戸の街並みを一望できる北野の高台に誕生しました。

神戸市中央区の北野クラブはジャズやフランス料理を楽しむ、粋な大人が集うサロンとして注目を浴びる社交場です。

北野クラブでは、海外の有名人も訪れるようになり、ある俳優がプロポーズの場に選んだというエピソードもあります。

そんな北野クラブでの社員の結婚式に招待を受けました。

北野クラブには、独身の時に時々飲みに行っていました。

北野町が全国区になったきっかけ

神戸の北野町は、NHK連続テレビ小説『風見鶏』で一躍有名になりました。

NHKのテレビドラマに出る前は、北野町は観光名所ではありませんでした。

学生時代に、北野町に住んでいる中学生の家庭教師を3年間していたことがあります。

その為、週2回、北野町の坂を登っていました。

三宮駅から北野町に上がるのは坂が急なため大変でした。

ご縁があって、母が北野町にマンションを購入したので、北野町のマンションを利用することもありました。

北野町を歩くと、その頃の思い出が蘇ってきます。

今の北野町は、異人館を活用して、結婚式と披露宴を行う場所に利用されています。

私もこれまで何人もの社員や、友人の結婚式と披露宴に招待を受けました。

結婚式と披露宴はお天気に恵まれて

今日の結婚式は、宗教色のない人前結婚式でした。

素晴らしいお天気でした。

普段見慣れた社員が、結婚式の主役になると、見違えるような印象を受けました。

北野クラブは、斜面を利用した建物なので、北野クラブの部屋の移動は、急な階段を上ったり、下りたりします。

人前結婚式を済ませると、次は披露宴です。

北野クラブは、主体が社交クラブなので、ダンスをする場所や、寛いでお喋

りをする部屋、夜景を見ながらお酒を飲むカウンターなど、部屋毎にロケー

ションが変わります。

お酒を飲むカウンターのあるお部屋では、沢山のお酒が今夜のお客様を待っています。

屋上に集合して、陽の当たる場所で記念写真を撮りました。

夜景を見ながらゆっくり話が出来る、素晴らしい場所です。

北野町にマンションがあったときは、北野クラブで飲んでも、歩いてマンションに帰る事が出来る近い距離にありました。

披露宴で主賓の祝辞

披露宴は主賓の挨拶から始まります。

新郎側の主賓が祝辞を述べると、その次は、私が新婦側の主賓として祝辞を述べました。

祝辞は、3~5分くらいがベストと言われています。

私もこの3分を目処に、祝辞を述べさせてもらいました。

新郎新婦の主賓から祝辞が終わると、次は乾杯です。

乾杯をスタートにして、これからテーブルには、今日のお料理が次々に運ばれてきました。

主賓の席は、新郎新婦にとても近い席なので、今日の新郎新婦の表情がすぐ近くで見えました。

二人は、とても嬉しそうです。

見ていて分かるような、お似合いのカップルです。

食事とお酒が進むと、段々と新郎新婦のことをよく知っているお友達の皆さんが、順番に祝辞を述べていました。

新郎新婦の学生時代の話や、現在の社会人になってからの交友関係の話が中心でした。

祝辞を聞いていると、これまで知らなかった新婦のことが、改めて伝わって来ます。

仕事ばかりの付き合いだったので、プライベートのことは、ほとんど知らなかったのです。

新郎新婦は大変です。

なかなかゆっくりとテーブルの食事を取ることは出来ません。

祝辞を聞く立場にあるので、食べていられないのです。

お色直しも、ありました。

衣装を替える為に、かなり長い時間、新郎新婦の席から離れて、別の部屋に移っていました。

この間は、来賓の皆さんには、食事やお酒を頂くのに、都合の良い時間帯です。

お料理を頂いている時に、新婦のお父様とお母様が私の所へご挨拶に来られました。

初めてお会いするのですが、お二人とも気さくな感じです。

もっとお話をしたかったのですが、何しろ来客の皆様に、一人ずつお礼を述べる立場なので、限られた時間のお話でした。

新郎新婦から、来賓の皆さんに、感謝の言葉がありました。

感謝の言葉は新郎の役目です。

淀みなく話すには、かなりの練習が必要です。

そして、新郎新婦から、両家のお父様、お母様へ、感謝の言葉がありました。

これは、新郎側のお父様の役目です。

家庭円満が一番

結婚式に参列して、皆さんのお話を聞いていると、どんな家庭で育ったのかが、なんとなく伝わって来ます。

今日の印象は、両家とも家族がとても仲の良い関係にあることが伝わって来ました。

家庭円満なお家には、温厚な子供が育つとおもいます。

そして最後は、お見送りです。

引き出物を頂いて、その引き出物が入った紙袋を持って披露宴の部屋を出ると、玄関の近くに新郎新婦と、両家のお父様・お母様から引出物を受けました。

北野町から見える青空と神戸の海

北野町の今日のお天気は、快晴でした。

晴れていて良かったです。

結婚式の披露宴は、晴れと雨では大きな違いが出ます。

北野町の北野クラブからは、神戸港まで望めます。

かなり高い所に北野クラブがあることが分かります。

結婚式と披露宴にご招待を受けると、いつも若々しいエネルギーを頂きます。

振り返ってみると、私と奧さんにも、このような結婚式と披露宴があったのです。

披露宴のとき、恩師から私に言われた言葉は、「忍忍」でした。

つまり、辛抱することです。

それを思い出しながら、帰宅しました。

社員・従業員 社長ブログ アーカイブ