南城市玉城にある「おきなわワールド」の「玉泉洞」では昇龍の鐘、「琉球ガラス王国工房」を見てまわりました 第102回沖縄訪問(5)

南城市玉城にある「おきなわワールド」の「玉泉洞」では昇龍の鐘、「琉球ガラス王国工房」を見てまわりました。

【恩納村前兼久から南へは豊見城市・糸満市・南城市、北へは与論島を駆け回りました その5】

朝日会のバスは、南城市玉城にある「おきなわワールド」の「玉泉洞」に着きました。

「玉泉洞」は、日本最大級の鍾乳洞です。

入場料は、15名以上の団体だと、1200円が1000円になりました。金城正則さんが、入場券の販売所で、皆を代表して買います。正確に人数を確認するために3人が横並びし、その後ろに列を作って、人数を確認しました。

こんなに整列したのは、何年ぶりでしょうか?めったに整列をすることがないので、つい、懐かしく思いました。「前にならえ」をする人は、いませんでした。

玉泉洞の中の通路は、歩道が作られて、鍾乳洞の柱を踏まないように、保護柵が作られています。奥へ歩道が続いていて、周りは照明が付いています。

上からは先が尖った円錐形の柱が頭を狙っているように見えます。

不思議なことに、鍾乳洞の中に流れている水の溜まったところに、魚が住んでいます。「まさか魚がいるとは」と思いませんでした。

最初、びっくりした鍾乳洞の柱も、何キロも続き、見慣れてくると、感動も薄らぎ、所々、案内板があり、珍しい形をした場所には、注意を払い、歩くだけの見物になってしまいました。慣れるとは、感動が薄まってしまうものです。

相当、奥まで道は続き、最後は、エスカレーターを使って、出口に上っていきました。鍾乳洞の中の水の流れは、どこまで続いているのでしょうか?どこから地上に出てくるのでしょうか?不思議に思いながら、地上に上がってきました。

エスカレーターで上がってきた場所には、土産物屋さんが広がっていて、沖縄特産のフルーツや、海外から届いた果実が売られていますが、値段を見ると、ちょっと高いように感じました。

次に続くお店は、「琉球ガラス王国工房」です。ガラスの皿や壺、グラスが並んでいます。

本当にお土産に、こんな大きなかさばるお土産を買うのかなぁと思いながら、値段を見て、さらに、一番高いのはどれかな?と値札を見てまわりました。

工芸美術品を値段を中心に見ていると、正しい見方にはなりません。作品の出来具合や、好みにあった工芸品を探してみました。

やはり、「これください」というところまでは、いきませんでした。

 

2008年11月30日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です