経営行動科学学会賞:「経営理念の浸透が顧客と従業員の満足へ及ぼす効果」

経営行動科学学会賞:「経営理念の浸透が顧客と従業員の満足へ及ぼす効果」の論文が経営行動科学学会の学会賞を受賞しました。

経営行動科学学会賞:「経営理念の浸透が、顧客と授業員の満足に及ぼす効果」のテーマで書きました。

それは、経営理念の浸透が、顧客満足(CS)と従業員満足(ES)を両立させている事を検証しています。

経営行動科学学会2008年(平成20年)8月第21巻第2号の学会誌に、松葉博雄の投稿論文が原著として、採用されました。

松葉博雄は、「経営理念の浸透が顧客と従業員の満足へ及ぼす効果-事例企業調査研究から-」について、研究論文を投稿しました。

この論文では、経営理念の浸透が顧客満足(CS)と従業員満足(ES)を両立させているという仮説を検証しました。

学会誌への投稿と、論文掲載が、博士課程には、求められています。

まず、2007年11月10日に、東京の立教大学で行われた、第11回経営行動科学学会全国大会に研究テーマに基づいて、学会発表を行いました

立教大学の会場では、大阪府立大学大学院の北居明ゼミの同窓生が多く出席しました。

経営行動科学学会の発表が終わると、発表した内容に基づいて、投稿論文を作成しました。

投稿論文は、経営行動科学学会に2008年1月に受稿され、その後、複数の匿名によるレフリーの先生から、査読を受けます。

そして、査読に対して、また、書き改める箇所を書き換えします。査読と改稿の後、7月末に経営行動科学学会誌に受理の連絡を頂きました。

経営行動科学(jAAS)8月号は、8月に届くのかと思ったら、実際に、手元に届いたのは、10月になってからでした。

このように、テーマを決めて、発表するまでに、明石芳彦先生の指導を受けながら、準備を何ヶ月もして、練りに練って、学会発表に応募します。

全国大会での発表のチャンスを頂くと、さらに発表の練習をして、制限時間以内に終了するように、練習をしました。

予想される質問にも、想定問題を作り、解答を準備していました。

このような時間の経過を見ると、一本の論文を考えて、発表して、論文にして、査読を受けて、やっと掲載される訳ですが、およそ1年は掛かります。

発表のチャンスを頂けなかったり、応募しても、採用されないことも多くあります。今回は、2008年8月号「経営行動科学」の巻頭論文として、採用されたことを嬉しく思います。経営行動科学の編集長、および、査読の先生方にお礼申し上げます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です