尾道 老舗旅館 西山別館宿泊(2)

投稿No:8093

広島 尾道 西山別館に泊まってみると(2)

2月の尾道は、春とは言えどまだ寒く、昨夜は日が沈むとどんどん気温が下がり、部屋の中まで寒さが押し寄せてきていました。

暖房は回っていましたが、掛け布団は一枚だけだったので、寒さを感じ、

奥さんにお願いして、毛布を掛け布団の上から掛けてもらって、やや暖かくなりました。

夜中、物音ひとつしない静かな夜で、ぐっすり眠れることができました。

藁の屋の部屋は、窓のカーテンが明かりを防いでいたので、朝の7時近くになっても、部屋はまだ暗いままでした。

ごそごそするのは、奥さんが朝湯に浸かりに、準備をしていた音でした。

その音に接触されてなんとなく目が覚めて、周りを見ても、部屋は暗いままです。

藁の家にも檜の風呂がありました。

檜風呂は、浴槽の水量が多く、湯漕に体を沈めて全身を温めることができるお風呂でした。

しかし、岩風呂も入りたいと思ってか、奥さんは朝食の前に、岩風呂へそーっと私を起こさないように一人で行きました。

しばらく、寝ていると奥さんは風呂から帰ってきました。

朝食の予約は8時からなので、わたしもこのまま床に入っているわけにはいきません。

岩風呂が素晴らしかったという奥さんの感想を聞き、私も意を決して、岩風呂に行ってみることにしました。

昨夜見た西山別館のお庭は、今朝の朝日を浴びてみる光景とは少し印象が違って見えます。

いつの間にしたのか、お風呂に通じる小道は、掃き清められて、石には水を打って清められていました。

今日は、晴れのようです。

今日の予定はお墓参りなので、晴れて良かったと思いました。

世が明けたばかりのお庭は、小鳥の鳴く声も聞こえず、寒々しい限りです。

西山別館の隣は、造船所です。造船所の高いクレーンは、まだ動いていません。

庭の前の海にも、音を立てて進む船の姿は見えず、静かな瀬戸の海が見えます。

お風呂は私一人だけで、ゆっくりと入ることができました。

外に小さい露天風呂があって、ドアを開いて外に出てみると、2月の外気は寒く、急いで露天風呂に入って、体を温めました。

露天風呂の水温は、内部の風呂の水温より、少し低いようで、体を温めるには物足りません。

もう一度風呂に戻り、冷めた体を温めました。

風呂から上がって、藁の家に戻ります。

朝食は8時からなので、急いで着替えて朝食の整った洋館に集合です。

こんな所へいってきました アーカイブ

2019年2月14日(木)


←前へ:尾道西山別館(1)