看板があると、誘導看板を見てお店に

投稿No:8074

看板があると 南あわじ灘城方の民宿おれんじ荘で、昼食を頂きました。 淡路黒岩水仙郷へ(2)

看板があると 目指すお店の看板

どこかで、お魚料理を食べたいなぁ、アコウの煮つけがあったら食べたいなぁと思う昼食時です。

淡路島の水仙郷を目指す海辺の道路では、果たしてお魚料理のお店があるかどうか、わかりません。

こんな時、お店の看板が見つかれば、そこへ行きます。見つけたいのは誘導看板です。

看板があっても、私が見つけないとお店には行けません。

私が看板を見つけるには、誘導看板の適正な位置はドライバーからの目線です。

車を運転していると目線は前方にあり、見える高さは低くなります。

立て看板なら、見通しがいいところだと看板のサイズが大きい場合、高めに設定すれば遠くからも見えます。

サイズがあまり大きくない場合、高い場所に看板面を設置しても、遠くから形だけは見えても看板内容までは読み切れません。

看板があると、運転中に見えるのは瞬間

広告業界には店の7秒手前の地点で見つけてもらうという原則があります。

もっと前の位置から看板が目に入るように工夫すれば、より効率的に店舗まで導くこともできます。

道路沿いで、みかん、スイカ、カニ、りんご、さかな、新鮮野菜等の食べ物を売っている露店があっても、車だと止まることができず、やり過ごすことが多くあります。

もっと前から、案内の看板があったらと思います。あったらいいなあと思うのが、少し前の「野立て看板」です。

道沿いに誘導看板があれば、あらかじめお店の前に車を止める心の準備ができます。

看板があると、効果的

「↑直進2キロ」とか「次の信号左折」などの表示があれば、誘導看板としてはその通りに進むことで、誘導になります。

困るのは、途中で誘導を見失うことです。誘導看板を見失うと、お店を見失うことに繋がります。

曲がり角、侵入口、分かれ道、信号機などの誘導は大切です。

誘導看板なので、お客様を迷わすことなく誘導することが目的です。

看板があると、瞬間に来店意欲を誘う効果

誘導看板はドライブ中に食事をしたくなったとき、観光地に来て土地のお土

産品を捜しているとき、普段通らない道路で、飲食店やお土産店の場所を予

告する誘導看板があったときなどには、瞬間的に行きたくなる効果を発揮します。

どこかで食事を、どこかで海鮮料理を食べたいなと考えている時に、欲求に合った誘導看板を目にすると、「ここに行こう」という気持ちが瞬間的に決まります。

将に、欲しいと思った時に、タイムリーな誘導看板を目にしたとき、次の行動を瞬間的に決める効果となります。

誘導看板はお客とお店が出会う、偶然のチャンスを生む仲介役となります。

看板があると、看板を見て

灘黒岩の水仙郷を目指して、沼島(ぬしま)が見える海岸沿いを車で走っていると、そろそろお昼時です。

隣に座っている奧さんは、お昼ご飯を食べたがっています。

南には海が広がり、北側は山が差し迫ってきていて、この辺りには人気も少なく、食事をするようなお店は見当たりません。

どうしたものかと黒岩水仙郷に向かって進んでいるうちに、道路の端に誘導看板が見えました。

海鮮料理を提供するお店があるようです。これは願ったり叶ったりです。

海岸から少し山の方向に向かってハンドルを切って、海鮮丼のお店を探してみました。

導入看板はあっても、ここがお店ですという看板は見当たりませんでした。

灘黒岩地区の生活道路は狭く、対向車が来れば、横によけるにも、溝にはまりそうな狭い道です。

慎重に、ゆっくりと車を進めながら、奥さんと二人で海鮮料理の看板の誘導を捜しました。

二人で慎重に探したつもりですが、誘導看板で見た海鮮丼のお店が見つからなかったので、途中から目標を変えました。

新たな誘導看板 おれんじ荘

目標を変えた理由は、「おれんじ荘」という新たな誘導看板が見えたからです。

人は失恋をしたとき、新たに好きな人が見つかると、失恋の痛手を忘れることができます。

誘導看板にも同じことが言えます。見失った生き損ねたお店のことは忘れて、次の目標が決まって、新たなお店こそが、本当に行きたかったお店のように思えてきて、前のお店を見失った心の傷から立ち直れるのです。

失恋を癒す薬は、あたらしい恋をすることと同じなのです。

おれんじ荘では、地魚の定食が食べられるという看板でした。

道はますます細くなり、対向車が来たらどうしようかとハラハラしながら、坂道を上がっていきました。

400mほど登ったところに、人家が集まった集落があり、やや道幅も広がっていきました。

煮魚定食 天ぷら定食 おれんじ荘

誘導看板に沿って進むとおれんじ荘がありました。

お店の前に車を停めて、中に入って「昼食だけ頂けますか?」と尋ねました。おれんじ荘は、民宿です。

民宿だから、昼ご飯だけ食べることが出来るか尋ねてみると、「大丈夫です」と、返事がありました。

昼の定食は、天ぷら定食1500円と、煮魚定食2000円の二つの定食から選べます。部屋に通されるとテーブルが二つありました。

もし、他のお客様が来られると、一つの部屋で2組の客が一緒に食事を頂く相部屋になるそうです。事前に相部屋になることもあると案内されました。

おれんじ荘の女将さんが「向こうに見えるのは和歌山です。」

と、指さした方向を見ると、微かに島影が見えます。

奧さんと私は、煮魚定食と天ぷら定食を注文して、二人で両方つつき合いすることにしました。

他にお客様もいないので、料理はすぐに出てきました。

煮魚定食の魚は、アコウでした。

この、アコウを食べたくて誘導看板にすがって、ここまで来たのです。

会えて良かったあこうの煮つけ、仲を取り持ってくれたのは、誘導看板でした。

お刺身の盛り合わせは、天ぷら定食にも煮魚定食にも、どちらにも共通してついていました。

醤油をつけて頂いてみると、期待以上の新鮮な美味しい味でした。

天ぷらも熱々の天ぷらでした。

通された部屋には、カラオケ用の舞台が設定されていました。

民宿の楽しみは、宿の料理と、夜のカラオケのようです。

舞台があるのとないのとでは、カラオケで歌う人の気分が違うそうです。

少し高いところに舞台があって、幕が開くと、カラオケが始まる設定は、ほとんどの人に受けるそうです。

酢の物も美味しかったです。

柔らかいワカメと、穴子の酢の物でした。

お刺身の盛り合わせは、煮魚定食にも、天ぷら定食にもついていたので、奥さんと私は分け分けすることもなく、一皿ずつ頂く事が出来ました。

イカの刺身は柔らかく美味しかったです。

オレンジ荘の女将さんの話では、この辺りはミカン畑が広がっていて、このおれんじ荘も元はミカン畑だったそうです。

みかんは、温州ミカン、レモン、文旦などを植えているそうです。

海の方から吹き上げる風が強く、冬の天気の荒れた日は、風でみかんが落ちるほど、強い風が吹きます。

気になる事が起きました。

最初女将さんが言ったように、相部屋での相席になったのです。

通されてきたのは、一組の男女です。どうも怪しい二人連れです。

男性の方は、白髪交じりの初老のおじさんです。

女性の方は、男性の娘ほど若い、30手前くらいに見える女性でした。

これは怪しいと、奧さんと目配せをしながら、一組の男女の行動を見ないようにしながら見ていました。

見ないような素振りをしながら見ていると、若い女性の方は、初老の男性の手を両手に取って、初老の男性の手の平に指で文字を書いていました。

これは、益々怪しい、私たちに聞かれるとまずいので、指で何かを伝えていると思いました。

二人は、私たちと同じように、天ぷら定食と、煮魚定食の二つを注文して、私たちのように、分け分けしながら食べていました。

これは怪しい、夫婦でも無いようでも、分け合って食べているのは、怪しいとますます疑問が膨らんできました。

女性の方はルイヴィトンの財布を取り出して、中に入っているものを点検していました。

これはひょっとすると、女性が昼食代を払うのかなぁと思っていましたが、帰る時支払いを見ていると、男性が払っていました。

私も奧さんと、部屋を出て、次の目的地である黒岩水仙郷に向かいます。

西村 康稔(にしむら やすとし)内閣官房副長官

玄関に有名人の写真が飾ってありました。

見ると、現在の内閣官房副長官である西村康稔代議士です。

西村康稔代議士の選挙区は、淡路島と明石市です。

「ここまで西村さんは来られるのですか?」

と女将さんに尋ねると、以前、こちらのお店まで来られたそうです。

西村 康稔議員の選挙ポスターは、淡路島の隅々まで貼っています。

相当な資金力か、応援者が無ければできないほどの浸透ぶりです。

おれんじ荘の玄関の前には、かなり高い木が茂っています。

何の木かな?と思って近づいてみると、なんとサボテンでした。

おれんじ荘では、近くの海で獲ったお魚は、一旦おれんじ荘の水槽で生かしています。

玄関の横には水槽があり、その中に沢山魚が泳いでいました。

気になる先ほどの年の差の大きい男女は、私が停めた車の隣に駐車していました。車のプレートを見ると、姫路番号でした。

この車の向かった方向が、私も目指している黒岩水仙郷でした。

看板があると、 まとめ

今回、美味しいお魚料理を、おれんじ荘で食べられたのは、誘導看板のお陰です。

誘導看板は設置する場所、大きさ、高さ、内容などが求めている人に見えるときに大きな効果を発揮します。

選挙運動も同じようにポスターが当選を左右します。

西村 康稔議員は、淡路島のどこを車で走っていても、必ず目にします。

お店も、選挙活動も誘導看板こそ、勝利に導く手段のようです。

2019年1月24日(