宜野座のリーフの端まで、シュノーケリングしていきます。大きな魚は、見当たりませんでしたが、珊瑚が少し回復している様子に嬉しくなりました 第99回沖縄訪問(12)

宜野座のリーフの端まで、シュノーケリングしていきます。大きな魚は、見当たりませんでしたが、珊瑚が少し回復している様子に嬉しくなりました。宜野座の海中にある、航路の灯台を目指して、陸に向かいます。
【恩納村のお盆の行事、エイサー祭に参加するため、第99回沖縄訪問にやってきました。 その12】

宜野座の海に入ります。片山正喜さんと一緒なら、お互いが水泳が得意なので、安心です。

宜野座の海の水中写真

片山正喜さんは、魚を捕るつもりで、獲物を入れる網袋を持っています。

宜野座の海の水中写真

松葉博雄は、浜辺に漂着している発泡スチロールの塊を探して、ロープにくくり、ロープを腰に巻いて、どこにいるか分かりやすいようにして、片山正喜さんに付いていきます。

宜野座の海の水中写真

発泡スチロールを目印にしているのは、もし、モーターボートや、ウインドサーフィンなどが、人が潜っていることを知らないと、頭をスクリューやセンターボードで、割ってしまうことがあるからです。

宜野座の海の水中写真

事故に気をつけるために、相手に「気をつけてください」という、合図です。

宜野座の近江の水中写真

水中カメラを持って、宜野座のおよそ2キロ沖に広がるリーフを目指して進みます。

宜野座の近江の水中写真

途中、航路の目印として、小さな灯台があります。まずは、灯台を目指して、進みます。

宜野座の近江の水中写真

宜野座の近江の水中写真

シュノーケルをしながら、下を注意して進んで行っていますが、なかなか思うような熱帯魚が出てきません。

宜野座の近江の水中写真

時々、コバルトスズメが、群生しています。

宜野座の近江の水中写真

コバルトスズメは、別名、ルリスズメとも言われ、瑠璃色の輝く光を感じる魚です。

宜野座の近江の水中写真

途中、波間から、自分がどの辺にいるか、陸を見て、位置を判断します。

宜野座の近江の水中写真

海に入って、波にもまれていると、どの辺にいるのか、さっぱり分からなくなります。

宜野座の近江の水中写真

しかも、片山正喜さんの位置も分からなくなります。

宜野座の近江の水中写真

そこで、時々は、顔を水面に上げ、立ち泳ぎをしながら、自分の位置と、片山正喜さんの位置を確かめて、進んでいきます。

宜野座の近江の水中写真

松葉博雄は、片山正喜さんの潜って魚を仕留めるところを、カメラを構えて、シャッターチャンスを待っています。

宜野座の近江の水中写真

片山正喜さんは、潜っていくものの、なかなか獲物が見つかりません。

宜野座の近江の水中写真

2メートルを超えてくると、水圧を感じます。

宜野座の近江の水中写真

3メートルも潜ると、耳に重圧を感じます。

宜野座の近江の水中写真

4メートルになると、重しで頭を押さえつけられたように感じます。

宜野座の近江の水中写真

片山正喜さんは、さらに潜っていく方向に、松葉博雄も深さを合わせて、後ろや横から、獲物を捕らえる瞬間を期待して、付いていきます。

宜野座の近江の水中写真

潮の流れが良いせいか、珊瑚の白化現象で、壊滅的に壊れた珊瑚礁に、新しい珊瑚の芽が根付き、少し、テーブル状に広がるところまで回復しています。

宜野座の近江の水中写真

直線でない、あちらこちらに寄り道しながら、2キロほど沖の珊瑚礁に着きました。ここまで来ると、水位も低く、立ち上がることが出来ます。

宜野座の近江の水中写真

珊瑚礁の向こうは、深い水深が、山の崖を下り下りるように、広がっています。

宜野座とリーフの間に、航海用の灯台が見えました。

宜野座の近江の水中写真

帰るときは、あの灯台を目指して、帰ります。

往復5キロぐらいあったでしょうか?

宜野座の近江の水中写真

陸へ上がったのは、4時半頃でした。

沖のリーフの端まで行きました。とっても爽快な気持ちです。いい運動が出来ました。

宜野座の近江の水中写真

服を着替える前に、片山正喜さんにもらった、ペットボトルに入った真水で体を流して、潮気を流します。車で、また来た道を帰ります。

2008年8月16日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です