宜野座村国際交流センターには、立派な建物が建っていますが、利用はされていません。人影のない、自然を壊した、公共工事になっています 第99回沖縄訪問(11)

宜野座村国際交流センターには、立派な建物が建っていますが、利用はされていません。人影のない、自然を壊した、公共工事になっています。
【恩納村のお盆の行事、エイサー祭に参加するため、第99回沖縄訪問にやってきました。 その11】

大金知花でお昼ご飯を買います。松葉博雄は、大金知花のお弁当とか、お豆腐が好きなので、両方とも買いました。

大金知花

大金知花には、いろいろなメニューがあります。

大金知花

沖縄のお弁当には、揚げ物が多く、暑さで食材が傷まないように、食中毒に気をつけています。

 

大金知花

大金知花

箸を使わなくても、車を運転中にでも、食べやすいように、おにぎりや、巻き寿司を切ったお弁当が並んでいます。

大金知花

大金知花

お豆腐は、決められた容器に入るだけ入れていいのです。

大金知花

容器のサイズで値段が決まっているので、だし汁を選んでも、豆腐を多くしても、カップに入る容量は、決まっています。

大金知花

宜野座村国際交流センターという立派な施設がある海岸の近くに行きます。

大金知花

宜野座村国際交流センターは、建設したものの、今ではほとんど利用されていないところです。

宜野座村国際交流センター

時々、単車のグループや、スケートボードのグループたちが、広い駐車場で遊んでいます。

片山正喜さんが見つけた浜辺

サーバーファームの近くの、片山正喜さんが見つけた浜辺に、これから崖を下りていきます。

片山正喜さんが見つけた浜辺

車は崖っぷちまでです。この後は、荷物を背負って、急な坂を下っていくことになります。愛犬リー君も、急な斜面を滑らないように、慎重に下りていきます。

片山正喜さんが見つけた浜辺

でこぼこな狭い急斜面の坂を下りてみると、浜辺が広がります。

片山正喜さんが見つけた浜辺

以前は、車でもこの浜辺に入ってきたようですが、地元の人達が、道を塞いで、車では入れなくしています。

片山正喜さんが見つけた浜辺

前輪駆動の車は、浜辺を痛めつけるのでしょうか?あるいは、植物や小動物をかまわず轢いてしまうからでしょうか?

片山正喜さんが見つけた浜辺

自然保護のためには、車が入らない方が良いようです。

片山正喜さんが見つけた浜辺

がっかりしたことがありました。先に来て海で遊んだ人達は、ゴミ袋にゴミを集めたところまではお利口さんでしたが、ゴミ袋をマングローブの樹の根っこに置いて、残して帰っています。

片山正喜さんが見つけた浜辺

こんなことをされると、地元の人達は、また、観光客が来るのを嫌がるかもしれません。

ゴミは、自分で持ち帰らないと、風が吹くと、袋は破れ、ゴミは浜辺を汚してしまいます。

 

2008年8月16日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です