浜口庫之助作詞作曲の「僕はないちっち」を守屋浩がりんりんの気持ちを代弁するように歌っています。りんりんは、家族に囲まれて、少し元気回復です

今日は、りんりんを励ます会になりました。

3人の子供が集まり、りんりんにとってみれば、全員揃ったことになります。

昨日の29日から、少し食欲が戻り、毛並みも少しだけ良くなってきました。

不思議なもので、病気が悪化すると外見に現れ、回復すると見た目によく見えます。

りんりんのポジショニングは、いつもみんなが見える場所に位置します。

図表で書けば、全体を見渡せるポジションに、自然に座っています。

28日(木)には、口を固く閉じて、食べる気も、水を飲むことも嫌がっていたのに、今日は、積極的におねだりをしてきています。

家族のみんなで、りんりんの話題を話しています。

なんで、なんで、なんで?どうして、どうして、どうして?

りんりんは、こんなに落ち込んだり、元気になるのでしょうか?

そんな話しをしている時に、ちょうどNHKのテレビ番組で、思い出のメロディー40周年記念の番組があり、浜口庫之助さんの作った曲の特集がありました。

守屋浩さんが、「僕は泣いちっち」を歌っています。これは、今のりんりんの気持ちを代弁しています。

りんりんは、言っています。「僕は泣いちっち。横向いて、ないちっち。寂しい夜は嫌だよ」

「僕は泣いちっち。僕の気持ちを知りながら。なんで、なんで、なんで?どうして、どうして、どうして?僕だけ見損っかす。早く帰れ。僕の住んでいるこの家へ」と、少し歌詞を替えただけで、ぴったりのりんりんの気持ちが、伝わってきます。

それにしても、浜口庫之助さんは偉いな!守屋浩さんは、懐かしいな。りんりんを励ます会で、ぴったりの曲が出たので、りんりんも大変元気が出ました。

2008年8月30日(土)



One Response to 浜口庫之助作詞作曲の「僕はないちっち」を守屋浩がりんりんの気持ちを代弁するように歌っています。りんりんは、家族に囲まれて、少し元気回復です

  1. しまちゃん

    こんばんは!
    最近、博雄さんのブログを再び拝見させて頂いています。
    りんちゃん、「泣いちっち」のように少し切ない目をしていますね。。。
    でも賑やかに松葉ファミリーが集まると、やっぱりりんちゃんは心は躍っているようにも見えます。元気になってほしいナ。
    遠い静岡から、りんちゃんのことを心配しています((+_+))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です