社長メッセージ:「残暑お見舞申し上げます」(2008年8月号)

給与袋に添えて[8月号]

給与袋に添えて

残暑お見舞申し上げます

昔、まだ部屋毎にクーラーが無かった頃は、8月の暑さをどの様にしてしのぐのか苦心していました。

暑さを忘れる事を暑気払いと称し、お化の話しなどをして、暑さを忘れていましたが、気温が下がった訳では無く、暑い事を忘れることが中心でした。

事業の競争に於いても、競争が激しく成ると熱が上って倒れる企業も出て来ます。

競争の無い世界へ移りたいと思えば、競争相手が真似出来ない仕組みを作ることを経営学では勧めています。

しかし、これが実の処、難しいのです。知恵も必要ですし、考える努力は求められます。

競争相手が真似の出来ない仕組みを皆んなで考えて、暑さをしのいで欲しいと思います。

2008(平成20)年8月
社長 松葉 博雄


 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です