琵琶湖産の鮎が、鮎の専門店「あゆの店きむら」さんのお店から届きました。串焼きにされて、加熱するとすぐ食べられます

親戚の方から、鮎の専門店「あゆの店きむら」さんの、琵琶湖産鮎が届きました。

鮎の塩焼

ヤマトのクール便で届いています。

鮎の塩焼

便利な時代になりました。時間を指定して、受け取ることもできます。

鮎の塩焼

早速、箱を開けて、鮎の塩焼を見てみます。すでに焼き上がった鮎です。

鮎の塩焼

炭火で焼いて、すぐその場で熱々の時に食べるのがベストですが、すでに焼いているので、加熱して、熱くして頂きます。

鮎の塩焼

鮎の塩焼

一つひとつが、串刺しにされ、どれも良く肥えた脂ののった立派な鮎です。

鮎の塩焼

鮎を食べるときには、手元には、アサヒスーパードライが必要です。

鮎の塩焼

子供の頃から食べ慣れた味は、美味しいのです。

鮎の塩焼

天然の川で育った鮎は、石や岩に着いた、天然の苔を食べています。苔を食べた鮎は、内臓に苔を食べた臭いがします。苦みがあるものの、ほんわかな苔の青い臭いがします。

鮎の塩焼

皮から箸を付け、少しずつ白身を突きながら、ビールを飲んでいると、時々、鮎の皮に付いた、焼いた塩が、苦みがあって、ビールとよく合います。

鮎の塩焼

さらに、内臓を食べながら、シッポの方のやや硬くなった尾身を、口の中で、堅さを味わいながら、食べています。鮎の食べる部分部分で、鮎の味が変わってきます。頭の部分も、ほぐしていきます。辛みがあるところも、子供の頃から食べている慣れもあって、ビールが飲めるようになると、いっそう味が引き立ってきました。冷蔵庫に入れて、少しずつ分けて、焼き直して頂きます。

2008年7月6日(日)