忘年会はゲーム大会で楽しく 2018年冬慰労会(2)

投稿No:8032

忘年会はゲーム大会で面白く 2018年冬/さんプラザコンタクトレンズ・松葉眼科合同慰労会(2)

忘年会は食事から

さんプラザコンタクトレンズと松葉眼科の合同慰労会が始まりました。

社員の皆さんへの慰労会は、年末なので忘年会でもあります。

開会の挨拶、乾杯の音頭が終わると、お料理が運ばれてきます。

今回の慰労会のお料理は、バイキングではなく、コース料理です。

今日はお子様も6人来ています。

小学生までの子供達には、お子様プレートを用意してもらいました。

今日のコースは、いつもと少し違うメニューになっているようです。

仕事を終えてお腹を空かしているスタッフのみんなはとても嬉しそうに料理を食べてくれています。

忘年会はゲーム大会で楽しく

少し歓談をしたあとは忘年会のメインである、ゲーム大会が始まりました。

今回は、スタッフそれぞれの出し物ではなく、司会のO課長がみんなを盛り上げるために考えて準備してくれたゲーム大会です。

前に出て、歌や踊りを披露するのは恥ずかしくても、ゲームなら、皆さんやる気満々のようで、活気づいています。

忘年会のゲーム大会を楽しむために、ゲームはテーブルごとのチーム戦で行われ、ゲームごとに勝利ポイントと、司会者の独断ポイントがつくそうです。

忘年会はゲーム大会 最初はけん玉

忘年会のゲーム大会は最初のゲームは、けん玉です。

これは、出来る人、出来ない人、はっきり分かれると思います。

出来る人はやはり自信があるようで、堂々と壇上に上がってきたのは男性陣です。

一方、けん玉なんて子供の時以来触っていないという女性陣は、不安げな表情です。

ここで、司会者からけん玉を成功させるアドバイスがありました。

けん玉にはコツがある

てっぺんの剣の部分に突き刺すには、玉を回転させ、遠心力を利用すると、成功しやすいそうです。

さっそく、O課長がお手本を見せてくれます。

プレッシャーの中、見事一発成功です。!

どうやら、けん玉が得意というわけではなく、動画を見て練習してきてくれたそうです。

それを聞くと、誰でもコツをつかめば出来る可能性があるということがわかります。

けん玉を何年も触ってない人のために、1回練習させてもらえることになりました。

では、一人ずつ、各テーブルの代表者がけん玉にチャレンジします。

チャンスは2回です。

驚くことに、意外と成功者が出ました。

ここで、女性陣にも頑張ってほしいと、アドバイスが出始めました。

お互いライバルでもありながら、成功を応援しています。

次はU君の番です。

U君はmyけん玉を持っての登場です。

予め練習はしていて普段なら出来るはずのU君でしたが、今日は上手くいきません。

ここは皆さん子供に優しく、諦めずに頑張るU君を見守ります。

頑張って何度もリベンジしてくれましたが、タイムオーバーです。

忘年会はゲーム大会 ひらひらティッシュゲーム

続いては、ひらひらティッシュゲームです。

ルールは、各テーブル2人に出てきて貰い、一人が椅子の上に立ち、上から落としたティッシュを、もう一人が箸で掴むというゲームです。

簡単そうで難しいような・・・。

けん玉を触ることがあっても、上から降ってくるティッシュを箸で掴むなんてことは、誰も普段することはありません。

さて、一体どうなるでしょうか?

一番目は、マネージャーと、孫のU君ペアが挑戦です。

アドバイスとハンデが与えられました。

ティッシュを落とすのは奧さんで、箸で掴むのはU君です。

奧さんはイスには乗らず、立った位置からティッシュを落とし、それをU君が掴みます。

しかし、このハンデが逆手に出てしまいました。

立った状態からだと、ティッシュがひらひらしている時間が短く、あっというまに地面に到達してしまいました。

これはまさかの残念です。残念ポイント30ptを頂けました。

続いて、スタッフ達が挑戦します。

一組目はなんと途中で箸が飛んで行ってしまい、失敗してしまいましたが、最後までティッシュを追いかけたMさんにより、情熱ポイント20pt獲得です。

以外に簡単 ひらひらティッシュゲーム

来年春に入社予定のインターンシップのお二人、今回慰労会に初参加です。

見事、成功を見せてくれました。

続いて、各テーブルの代表者が挑戦していきますが、イスの上からティッシュを落としてみると、意外と皆さん、すんなりキャッチ。

どうやら、下に行けば行くほど、ティッシュの動きが激しくなり、掴みにくくなるようです。

成功したチームには、それぞれ50ptが与えられました。

ここまで2種類のゲームがなされましたが、挑戦する側も、見る側もとてもゲーム大会は盛り上がっています。

なんといっても、このゲームのいいところは、失敗しても、司会者の判断で特典がもらえることです。

食事に、お話に、ゲームに、楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

→2018年冬 慰労会(3)へ

←2018年冬 慰労会(1)へ

2018年12月15日(土)