りんりんを孤独にさせないように、家族が、交代で付き添って、話してあげる、なでてあげる、相手になってあげる、遊んであげる、お散歩させてあげるなどのケアをしています

りんりんの病状が少し安定に向かったので、松葉博雄夫妻は、しばらく家を留守にします。

シーズー犬りんりん

りんりんに、言って聞かせます。

シーズー犬りんりん

「しばらくお家を留守にするけれど、りんりんのことは、旅行中に忘れずにいるから、がんばってね」と、言って聞かせます。

シーズー犬りんりん

りんりんは、少しすねた顔をして、「病気のボクをおいて、何処に行くの?」と、やや不信感が顔の表情に表れています。

シーズー犬りんりん

りんりんは、仕方がないと、理解出来たのか、「それじゃ、いいわ」と、分かったようで、「道中気をつけて、無事に帰ってきてね」と、両手を床について、お見送りの挨拶をしてくれました。

シーズー犬りんりん

出来るだけ、りんりんを孤独にさせないように、家族が、交代で付き添って、話してあげる、なでてあげる、相手になってあげる、遊んであげる、お散歩させてあげるなどのケアをしています。

シーズー犬りんりん

ペットと思っていた、シーズー犬りんりんも、今では、ペットから家族へとその位置づけが変わってきています。
シーズー犬りんりん

りんりんの容態も、できるだけストレスを軽くしてあげて、孤独にさせないように、励ましてあげることが、健康回復に繋がるようです。

 

 

2008年5月中旬

りんりんを孤独にさせないように、家族が、交代で付き添って、話してあげる、なでてあげる、相手になってあげる、遊んであげる、お散歩させてあげるなどのケアをしています” に対して1件のコメントがあります。

  1. はじめまして!突然の書き込み失礼致します。
    恐らくお近くにお住まいなのなぁ?と思いながら、いつも拝見しています。
    りんりんくんは病気と勇敢に闘っているんですね。でも病状が回復してきてホッとしました!
    頑張れりんりん!負けるなりんりん!
    いつの日か、お散歩がご一緒できると良いですね!

この投稿はコメントできません。