キスの思い出 キス/鱚/シロギスで一夜干し

投稿No:8019

シロギスの鱗は、ペットボトルのキャップの裏を使えば、簡単に剥がせます。

キスは新鮮

奧さんと淡路のスーパーマーケットに行き、魚売り場でキスを見つけました。

値段が安いので、調理お断りと書かれていました。

安くても、主婦の方は魚を捌くのは手が魚の臭いで臭くなったり、台所が汚れるので、敬遠しています。

購入を見送るのはちょっと惜しくなり、買う事にしました。

活きがいいので、刺身にしても食べられるようにわさびが付いていました。

一パックで10匹入り 税込735円のシロギスが入っていました。

調理するのは、私です。

何にしようかと考えて、一夜干しを作る事にしました。

10匹のキスを並べてみると、ほぼ同じ大きさです。

とれたばかりの新鮮なキスでした。

キスの思い出

キスで思い出すのは、大学生の頃のことです。

垂水の海神社の鳥居がある辺りの砂浜で泳いでいると、砂浜にキスの群れが押し寄せてきていた時の思い出です。

鱚をひっかけるための針が束ねているキス用の釣り針で、キスを引っかけて釣り上げる漁法です。

いとも簡単に、沢山のキスを釣り上げていました。

お願いして竿を借用して、私もキス針で鱚を引っかけてみました。

沢山泳いでいるのが見えるのに、なかなか鱚はひっかりません。

餌も使わずに、竿の先の針を振り回しながら、キスの群れに向けて針を投げ入れてキスを引っかけるのです。

見ていると、簡単そうでしたが自分でやってみると、意外に難しくとうとう一匹も釣れませんでした。

鱚は近年減少傾向にあり、値段も値上がりしています。

護岸工事で砂浜が減少して、砂浜に寄ってくる浜辺が少なくなっているのです。

鱚の一夜干し造り

では、一夜干しの為の作業に取りかかります。

キスの鱗を剥がすのは、出刃包丁です。

簡単な方法はペットボトルのキャップの裏側でこすると、鱗が簡単に落ちます。

お腹をさいて内臓を取り出す作業があるので、鱗を取るのも、出刃包丁を使いました。

奥さんがピカピカに磨いた台所で、魚の下処理をするのは鱗が飛び、キスの内臓が散乱して臭くなり、なんだか気が引けます。

鱗が飛ばないように、内臓が飛び散らないように、気を付けながら包丁を使いました。

奧さんは、背後から心配そうに監視しています。

台所を魚の鱗で汚されるのを警戒しているようです。

屋外の水道を使って鱗取りをすればいいのですが、11月の外は寒くて、つい家の中でしてしまいました。

キスの下処理

鱗をはがしてお腹をさいて、はらわたを取り出すと、水道水で流し洗いをして、キスの下処理は出来上がりです。

頭を落とす方が、調理方法は簡単ですが、見栄えは頭があった方が良いので頭をつけたまま調理しました。

鱗とはらわたを取ると、水洗いをして、その次は塩水に漬けます。

潮水を舐めながら辛さを確かめて、塩分の濃度を調整しました。

あまり塩分を濃くすると、辛くて食べにくくなります。

なるべく薄味にして、代わりに漬ける時間を長くします。

3時間ほど塩水につけて、塩分がキスの内部に染みこむのを待ちました。

まだキスは綺麗な状態です。

屋外で一夜干し

ざるに並べて外の風に当てて、一夜干しをしました。

朝起きてみると、かなり乾いていました。

まだ乾燥が足りないので、日中も干しておきます。

からからになるまで干すか、やや柔らかい状態で干すのをやめるか、考えが迷います。

からからになるほど干して火で炙って食べると、キスの内部から脂が染み出てきます。

柔らかいまま火で炙ると、キスの白身が柔らかく食べられます。

どのくらい干すのか、少し時間をおいて、様子を見ながら考えることにします。

11月末のこの時期は、賞与の査定や、評価の為に、多くの時間を割いています。

私が昼間働いている間、夜家に帰って、会社で出来ないことを夜パソコンに向かって取り組んでいる間、シロギスの乾燥は進み、味がどんどん美味しくなっていきます。

   

食べておいしいキスの干し物

2晩外に出して、キスの干物の出来上がりです。

柔らかかった鱚の皮は、身が引き締まって硬くなっています。

見た目もきれいで、これなら透明な袋にいれて口を縛れば、売り物になりそうです。

でも、売りません。これは私と奥さんで頂きます。

軽く火にあぶって頂きました。塩加減も良くて、上等な味でした。

次回、キスを沢山買える機会があれば、皆さんに差し上げたい程の仕上がりでした。

 

2018年12月2日(日)

コメントを残す