神戸灘区・阪急六甲周辺の5月の風とバラの花の香り

神戸灘区・阪急六甲周辺の5月の風とバラの花の香り

2008年5月初旬のことです。家の近くにも5月の風が吹いてきました。

阪急六甲周辺の花

市街地なので、鯉のぼりを立てているお家は、見あたりませんが、家の周りには花が咲き、5月の季節を感じさせます。

阪急六甲周辺の花

つるバラから伸びたかわいいバラが、生け垣になって咲いています。

阪急六甲周辺の花

これを見て、思わず写真を撮ってしまいました。

阪急六甲周辺の花

近隣の花が咲いている様子も、併せて撮ってみました。

阪急六甲周辺の花

庭の敷地があるところでは、地植えをしている花もあれば、狭いお家ではプランターで花を育てているところもあります。

阪急六甲周辺の花

テッセンの花も盛んに咲いています。

阪急六甲周辺の花

スイートピーも咲いています。

阪急六甲周辺の花

シャクヤクの花は、鉢植えで見ました。

阪急六甲周辺の花

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」とは、よく言ったものです。

阪急六甲周辺の花



これから、サツキが咲き、シャクナゲが咲いてきます。

阪急六甲周辺の花

一年で、一番好きなのは、5月です。寒かった冬が終わり、ゆっくりと春が近づいて、桜が咲き、一息ついた頃、いつの間にか、初夏が来るちょっと手前のベストシーズンが5月です。

阪急六甲周辺の花

神戸の5月は、沖縄本島の2月の末か、3月のはじめぐらいの気温です。

六甲山の方向を見れば、「目に青葉 山ホトトギス 初鰹」と、並びます。そろそろ、鰹のたたきを生ニンニクのスライスを挟んで、食べたくなります。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です