神戸市灘区護国神社でのお花見は、静寂なお花見でした

2008年4月3日(木)テレビの報道では、そろそろ神戸では、桜の満開の時期になりました。

護国神社でのお花見

夕方、桜の名所である、灘区の篠原通りと護国神社に桜を見に、奥さんと一緒に散歩に行きました。

護国神社でのお花見

りんりんも連れて行こうかと思ったのですが、きっと途中で、「しんどいから、だっこして」と、動かなくなるので、お家で留守番をしてもらっています。

護国神社でのお花見

護国神社でのお花見

篠原通りの桜並木は、見事に満開に咲いていました。

護国神社でのお花見

夕暮れ時なので、近くの神戸大学、海星女学院、松蔭女子学院大学などの学生さんが、並んで下校していました。

護国神社でのお花見

静かな篠原北町に、異変が起きています。お屋敷が多い、神戸の閑静な住宅街に、マンションがぞくぞくと建っています。

護国神社でのお花見

マンションの開発は、入居する人には良くても、近隣の住宅には、歓迎されていないようです。

護国神社でのお花見

かなり歩いて、やっと、護国神社の鳥居が見える、正面に着きました。やはり、りんりんを連れてこなくて、良かったと思います。

護国神社でのお花見

りんりんがいれば、途中で、あっちこっち止まって、マーキングして、歩き疲れて止まってしまい、とうとう抱っこになっていたはずです。

護国神社でのお花見

護国神社の桜は、満開でした。夕暮れ時なので、今夜の宴会は、桜の下でござを敷いて、場所取りから始まっていると思っていました。

護国神社でのお花見

ところが、場所取り競争は、全然ありません。

護国神社でのお花見

松葉博雄の予定では、屋台で、ビールを飲んで、おつまみを注文して、黄昏時から、ぼんぼりに灯りが付く夜まで、夜桜を楽しむつもりでした。

護国神社でのお花見

護国神社でのお花見

ところが、なんと、屋台のお店は、夕方には店じまいの準備をしています。

護国神社でのお花見

ビールは、当てが外れて、飲めません。おつまみもありません。

護国神社でのお花見

桜を純粋に、まじめに見るだけになりました。下から青空をバックに見る桜が、美しく感じます。

護国神社でのお花見

しだれ桜は、そろそろつぼみが咲き始めています。「綺麗な桜だなぁ」と思った、その瞬間、りんりんがいました。

護国神社でのお花見

正確に言うと、りんりんとそっくりのシーズー犬がいました。

護国神社でのお花見

背中にある幸せの星も一緒です。よく似たワンちゃんなので、しばらく見とれていました。

護国神社でのお花見

散歩中のオーナーさんは、携帯メールを一生懸命作成中で、私がりんりんに似たワンちゃんをじっと見ていることに、気がつきません。

「花より団子」と言うものの、団子もビールもありません。ござを敷いて、宴会をしている人もいません。

とても寂しい、静寂なお花見となりました。これも、景気の悪化や、アメリカで起きたサブプライムローンの問題の影響でしょうか?

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です