シーズー犬りんりんは、花粉症に悩まされていて、目薬をさしてもらっています

シーズー犬のりんりんは、今、花粉症に悩まされています。

りんりん

りんりんが、毎日、くしゃみ、目やになどに苦しんでいるので、眼科医のオーナーのお姉ちゃんが診察をしてくれました。

りんりん

オーナーのお姉ちゃんは、りんりんの目を診察して、目薬を点眼してくれました。

りんりん

この目薬は、抗アレルギー薬で、一日に何度も使えないので、注意しながら点眼しています。

りんりん

りんりんには、自分が花粉症だという自覚はないようですが、外に出ると痒くなるようで、散歩にも行きたがりません。

花粉が飛び散らない季節がやってくるのが、待ち遠しいようです。

シーズー犬の特徴は、目の周辺の体毛が伸びてきて、瞳を毛先で刺激します。

だから、目やにをよく出しています。さらに、その上、花粉が目に入ってくるので、かゆくて痒くて、何か柔らかいものがあれば、擦り付けています。

りんりん

見ていて、気の毒で、早く花粉症の時期が終わったら、りんりんも、お外に散歩に出掛けられるのですが、さらにその先は、暑さが待っています。

やはり、りんりんは、室内が一番良いようです。

 

 

2008年3月中旬