博多豚骨ラーメン二男坊 接客の良さがいい印象に残るお店

投稿No:7959

博多とんこつラーメンの二男坊では、我儘な要求を聞いてくれたので、また行きたくなりました。

接客の良さについて、いい印象に残るお店の紹介です。

博多に行ったとき、ラーメンを食べる時、博多と言えば豚骨ラーメンなので、どこのお店が良いか、土地の人に紹介して貰ったお店があります。

紹介するには、そのお店が紹介するに値すると思うからです。

では、どんな点が優れているのか、興味を持って訪ねてみました。

紹介されたお店は、「らーめん二男坊 (博多本店)」というお店です。

中州にあるラーメンの有名屋台と違って、らーめん二男坊はオフィス街のビルとビルの谷間にあって、あまり目立つ場所ではありませんでした。

新博多豚骨ラーメンというのを売りにしています。

二男坊は2009年から始まりました。

らーめん二男坊のコンセプト

女性にも愛される豚骨ラーメンを作りたいというコンセプトからラーメンを目指して創業しています。

らーめん二男坊の特徴は、しっかり濃厚で厚みのある豚骨なのに臭くない。

スープをしっかり持ち上げるほどとろみがあるのに脂っぽくない。

コク深いのに、塩辛くない。

良い物が支持され、本物が残る。

という言葉を信じて今まで努力されてきたそうです。

注文は券売機で

お店に入ると、注文は食券を購入する方法でした。

最近食券販売方式が増えています。

お店にとっては、従業員の皆さんが直接お金に触れないので、

おつりの間違い防止や、精算の点で楽になっています。

注文はいきなり食券売機と相談しないといけないので、

初めて入るお店には、お客さんは情報がなければ不利です。

さらに、後ろに順番待ちの人が居れば、早くしないといけないという気持ちの焦りが出て、これもお客には不利です。

券売機を見たとき、このお店は接客は大丈夫かな?と一瞬不安がよぎりました。

博多ラーメン あれも食べたいこれも食べたい

博多に来ると、沢山のラーメン店があるので、出来たら沢山のお店を回って、あちらで一口、こちらで一口と、味のいいとこ取りをしたいのです。

しかし、ラーメンの注文単位は一人一杯です。

奧さんと、二人で一つくらいがちょうどいいのに、一杯食べきれるかなと相談したものの、半分のメニューはありません。

店員の方に2人ともラーメンの麺を半分くらいの量にして下さいとお願いして、できたら、1つのラーメンを、麺だけ半分ずつにして、スープを沢山入れて下さいと、2枚の食券を渡してリクエストしてみました。

店員さんは、厨房の方に行って、私のリクエストを厨房に伝えたようです。

注文は二人で一食でいいですよ

そして引き返してきて、

「二枚の食券は一枚で結構です。一枚の食券は現金でお返しします」

と驚きの答えが返ってきました。

「お金が欲しいのではなくて、二人で一杯ずつは食べきれないので、残すと勿体ないし、お店にも迷惑がかかるので、精算はしなくていいですよ」と、お話ししました。

店長さんが出てきて、

「とんこつラーメンの味見だけなら、二人で一杯でいいんじゃないですか?うちの味を味わって貰えたらそれでいいです」と、笑顔で答えてくれました。

お店の理解が得られたので、二杯のラーメンは一杯にして、

その一杯のとんこつラーメンを二人で分けて食べる為に、

取り皿用のお椀まで用意してくれました。

紹介してもらった理由は、これで分かりました。

サービスの気配り、心配りが良いのです。

神戸なら、また行きたい店に思えてきました。

二男坊のとんこつラーメンの味は4つのこだわり

では、二男坊のとんこつラーメンの味はどうでしょうか?

二男坊には四つのこだわりがあるそうです。

一つ目のこだわりは麺です。

麺は博多ラーメンに良く合う細ストレート麺を使用。小麦の風味が感じる様に仕上げた麺は、パツパツとした歯切れの良い食感が特徴です。

二つ目のこだわりはスープです。

丁寧に下処理を施し、豚骨の臭みを徹底的に抑えたスープが自慢です。

豚骨をベースに長時間じっくりと炊き込んだ高濃度の純豚骨スープ。

まろやかで臭みがなく、老若男女問わず支持を得ているようです。

三つ目のこだわりはチャーシューです。

二男坊のチャーシューは、豚の上質なロースブイを使用しており、

肉の旨みがしっかりと感じられ、タレと肉と脂のバランスを絶妙に仕上げている上質なチャーシューになっています。

4つ目のこだわりは煮卵です。

半熟でとろりとした食感がアクセントになっていてます。

らーめんのもとダレをベースにしたタレに漬け込むことで、スープにも良く馴染む。

7割以上のお客様がオーダーする人気商品だそうです。

おなかの具合を抑えてもう一軒行けそう

屋台のラーメンも行きたいし、ガイドブックに載っているお店にも行きたいし、ラーメン店のはしごをするには、一箇所で満腹にならないことです。

今日は紹介してもらったらーめん二男坊で半分だけで美味しい博多豚骨ラーメンを頂けたので、これならもう一軒別のラーメン屋さんに行けそうです。

まとめ

商売が繁盛するには、リピートと紹介です。博多豚骨ラーメン次男坊では他のお店のラーメンも食べてみたいと思い、二人で一杯のラーメンで食べる

無理な要望を聞いてくれました。

豚骨ラーメンのコンセプトもしっかりしていて、また来たいと思えるお店でした。

2018年9月日()