2weekメニコン遠近両用レンズは、在庫から引き上げられました。代わりに2weekメニコンプレミオ遠近両用レンズになっています。

投稿No:7870

2ウィークメニコン遠近両用レンズは、初期の役割を終えて、メルスプランから消えていきます。新しい2weekメニコンプレミオ遠近両用レンズと交替です。

メニコンのメルスプランに採用されている、2weekメニコン遠近両用レンズは、2017年3月末日出荷分で販売終了となっています。

これまで在庫で預かっていた2weekメニコン遠近両用は、2018年6月末で取扱いを終了しました。

このため在庫レンズをメニコンへお返しすることになりました。

2018年7月に入り、メニコン大阪営業所の山本覚さんと、溝上竜一さんのお二人が、2ウィークメニコン遠近両用の在庫レンズを引き取りに来られました。

メルスプランのレンズは、委託レンズなので、数量の確認が厳重になされます。

予め委託レンズの箱数は、どのパワーが何ボックス扱っているのか、在庫リストがあります。

リストに表示されているパラメーター通りに、箱数が返却されているかどうかを相互確認で確かめ合いました。

数量に間違いがないことを確認して、メニコンへ引き渡しを完了しました。

2ウィークメニコン遠近両用の流通は止まりましたが、今は2ウィークメニコンプレミオ遠近両用レンズがあります。

 

特長としては、うるおいの持続、瞳の呼吸を妨げない高い安全性、汚れにくい素材であることです。

2weekメニコン遠近両用レンズの引き渡しが終わると、次は商談です。

7月に入り、コンタクトの需要期が始まっているにもかかわらず、月初からの集中豪雨の為、7月第一週は客足が止まってしまっています。

これは自然現象の事なので、マーケティングが原因ではありません。

7月からメルスプラン加盟店の中で、有志が参加して行われる、メルスアワード争奪戦が始まっています。

始まったばかりなので、我が社がどのくらいの成果を上げているのかは、集計がなされていません。

メルスアワードでは、いくつかの部門があるので、どの部門に力を入れて獲得しようかと、策を練っています。

競争なので細かい戦術は書けませんが、それなりに戦術を考え、どのように実行するか相談をしました。

価格競争を避けるために、メルスプランに参加して加盟店になっています。

競争を避けているのに、メルスアワードで競争をするのは、趣旨に反するのかと思われるかもしれません.

メルスアワードの場合は、加盟店がお互いを高め合う為の競争なので、企業の存続を懸けた競争とは違っています。

2018年7月9日(月)

コメントを残す