七夕まつりは恋のお祭りです。お歳を重ねても恋心はお忘れなきように。七夕の短冊には皆様のお願い事が集まりました。

投稿No:7868

今年の七夕は全国的に何十年に一度といわれる大雨です。織り姫さまと彦星様は会うことができるのでしょうか?

昨日は年に一度、彦星様と織姫様が会えるといわれている七夕の日でした。

さんプラザコンタクトレンズでは、毎年七夕の季節になると、笹を飾って、皆さんの願い事を短冊に飾って頂いています。

今年の七夕までの数日間は天気に恵まれず、大雨が続いたせいか、短冊は例年より少なく感じます。

店内のキッズスペースの横に、短冊の書ける場所を設けました。

少し目立ちにくいところではありますが、お子様連れの方に七夕を楽しんでもらうために、キッズスペースの横に置くことにしました。

短冊には、皆さんの願いごとが書かれています。

もっとも七夕らしい素敵な願いごともありました。

悪天候が続いていますが、七夕の日が雨だと何か関係するのでしょうか?

七夕の夜、少しでも雨が降れば、二人は会えないと伝えられているところもあれば、雨でも二人は出会え、雨は織姫の嬉し涙で、雨の水で汚れが洗われるといわれているところもあるそうです。

今夜は彦星様と織姫様は会うことができるでしょうか?

インターネットで調べてみると、七夕は、いろいろな言い伝えや風習があったようです。

織姫と彦星の話ですが、中国の話に由来します。

旧暦 7月7日の夜に,天の川の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と

織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事だそうです。(五節供の一つ。棚機とも書きます)

中国では、七夕の日を1年に1度のめぐり合いの日と考えるようになりました。

七夕の日にお願い事をするのは、中国の「乞巧奠(きこうでん)」という風習からきているそうです。

昔、中国では、織姫様にあやかって、女性の仕事である織物や裁縫が上達しますように、と祈る行事がありました。

それが、のちに芸事や書道の上達など、さまざまな内容に広がっていったそうです。

この乞巧奠(きこうでん)という行事が平安時代に日本に伝わり、七夕にお願い事をするという風習へと変化していった、という事だそうです。

竹や笹はまっすぐと育つことから、その生命力に神秘的なパワーがあるとされていました。

そのため、竹や笹にあやかって、子供の成長を願う親が多かったと言われています。

短冊に飾られた皆様のお願い事が叶いますように。

2018年7月7日(土)

七夕まつりはロマンがあって良いので、これまでも七夕祭りの記事を書きました。

思い返して読めば、こんな記事でした。

七夕寿司が、ゆっくり浸透しています。彦星と織り姫の、二人の恋をちらした反省に、ちらし寿司を食べる日になりそうです。

一年に一度、恋しい人に会えるのは、七夕です。

一年に一度、嘘を言っても許されるのは、4月1日のエイプリルフールです。

一年に一度、少しだけ皆さんから存在を認められて、祝ってもらえるのは誕生日です。

こうしてみると、一年に一度という日は、実は365日毎日あるのです。

そうです、毎日が年に一度の記念日になります。

例えば2月14日のバレンタインや、12月25日のクリスマス、その前日の24

日のクリスマスイヴも一年に一度の記念日です。

 

コンタクトレンズの日はいつ?

こうして考えてみると、コンタクトレンズの日がないのに気がつきます。

もし、コンタクトレンズの日を定めるとすれば、

①日本で最初にコンタクトレンズが実用化された日

②レオナルド・ダ・ヴィンチが、コンタクトレンズの原理を、透明な水桶に自分の顔をつけて、屈折を実証した日

③厚生労働省(旧:厚生省)がコンタクトレンズの製造販売許可を出した日

など、いろいろとコンタクトレンズの日の案が浮かんできます。

暗い場所に行けば天の川がはっきりと

七夕の夜、神戸の夜空で天の川を見るには、周囲が明るくてよく見えません。

これまで、天の川を比較的よく見えた記憶があるのは、沖縄の伊是名島と伊平屋島です。

伊平屋島で、ヤシガニを探して、夜の道を歩いたとき、とても綺麗な星空を見ました。

そして鹿児島県の与論島です。与論島の夜は、鼻を摘まれても、誰に摘まれているのか分からないほどの暗い道です。

与論島の夜は、墨を流したような、漆で塗ったようなまっ暗い夜でした。

どこに行けば、天の川がみえるのかな、と考えながら奥さんが作ってくれた晩ご飯を食べながら、今年の夏休みはどこに行こうか、相談しています。

女性のロマンチズムは年齢を重ねると退化するのか、奥さんは天の川にあまり関心がないようです。

彦星と織姫のデートの夜は何をたべるのでしょうか?

彦星と織姫の二人が会ったときも、二人の晩ご飯はどんなものを食べている

のか想像してみます。

そもそも、彦星と織姫は、なぜ一年に一度しか会えなくなったのかと言え

ば、二人が恋に夢中になって与えられた仕事をしなくなって、天帝の怒りを

かって、引き離されたというのが七夕伝説です。

織姫は恋いに夢中になったら、ご飯をつくるかどうかが問題です。

彦星は織姫との恋に夢中になって、きっとご飯は外食で済ませると思います。

そうなると、七夕の夜に晩ご飯は登場しません。

もし七夕伝説に、織り姫と彦星が年に一度会ったとき、お豆腐を食べたと

か、 枝豆を食べたとか、その業界の知恵者が、二人があったときに食べる

食材を考えて売り出せれば、節分の時の巻き寿司のように、バレンタインの

チョコレートのように、大ヒットする要素があります。

七夕まつりには、七夕寿司は散らし寿司

インターネットで調べて見ると、ちゃんと知恵者がいて、七夕の夜は七夕寿司がすでにあるようです。

七夕寿司を推進しているのは、ミツカン(株式会社 Mizkan Holdings)のようです。

私が考えるに、きっと織姫と彦星の二人は、恋を散らされたので、それで天

帝に恋をちらした反省として、人の恋道を邪魔した反省として、ちらし寿司

が選ばれたのではないかと思います。

7月7日(月)

コメントを残す