従業員慰安バス旅行・丹後半島カニツアー(2)

丹後半島天然温泉の宿「レイクサイド琴引」でカニ食べ放題

さて、カニ鍋が煮立ってきたら、みんなで鍋を囲みます。

昨年からの課題は、あまったカニやお料理をどうするかということです。

社長からは「タッパーを持ってくるように」と指示(?)が出ています。

生ものなので、まさかタッパーに詰めて持って帰るわけにもいかず、

この場で、一気にお腹の中に収めてしまいます。

だんだんビールの酔いがまわってくると、席も乱れ、お花見のようにあちこちに車座になって個別の宴会が始まります。

気が付くと、お腹がいっぱいになって、すっかり眠くなってしまった人もいるようです。

朝は三宮に8時に集合したわけですから、普段の仕事の日より早起きした人もいることでしょう。お腹が満たされて眠くなるのも無理はありません。

「レイクサイド琴引」には広々とした大浴場があります。準備よくタオルを持ってきた方は、満たされたお腹を抱えながら温泉にのんびりと浸かりに行きます。とっても広い浴場で、みなさんに紹介したいところですが、お風呂で写真を撮るわけにもいかず、写真を掲載することはできません…

 

2007年12月6日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です