鶏肋(けいろく)のような有馬のリゾートマンション

手放すには惜しが、持ち続けるには負担が重い、有馬リゾートマンションは鶏肋

鶏肋とは、大して価値はないが、捨てるには惜しいことを言います。

鶏肋は、ニワトリ(鶏)の肋(あばら)骨のことです。

食べるほどの肉もないが、捨てるには惜しいという意で、たいして役だつものではないが、捨てるのは惜しまれることのたとえに使われます。

三国志の話では、魏の曹操の軍は漢中を平定し、蜀の劉備を討とうとしましたが、進撃にも守備にも困難であったため、態度を決めかねていました。

曹操は戦局を、ただ一言「鶏肋のみ」といいましたが、部下たちはその真意を解しかねました。
楊修だけがその意を悟り、「鶏肋は食えば得るところなく、捨てれば惜しむべきがごとし」といって陣を撤収して引き揚げるように手配しました。

この判断は間違っていなかったのですが、曹操は楊修の頭脳明晰さを恐れて、楊修を軍律違反の理由で、斬首しました。

このような故事を思い出すのが、有馬にあまり使っていない温泉付リゾートマンションの対処です。
所有すれは管理費、維持費がかかりまが、あれば有馬温泉として利用にすることができます。

 

所有するのか、売却するか、決断の必要があります。
そこで、判断するために何年ぶりかに行ってみました。
管理人が常駐していて、しっかりと出入りは管理されています。

一階の受付の脇には、広いロビーがあります。
2007年6月には、ここで社員の研修をしたことがあります。

 

ホタルが出る6月の頃です。
この辺りには、まだ川沿いにホタルの飛ぶ光が見られます。

有馬の温泉街の近くなので、社員研修にはとても便利なところです。

管理人さんが常駐していると、マンションの管理はしっかりできていました。

ロビーから見える中庭は、植木の剪定が出来ていました。

このマンションの温泉は、地下から湧いている天然温泉です。

舐めると塩味がする銀泉です。

隣のテニスコートとの境には、小さい檜を植えていましたが、その檜はどんどん生長し、部屋から見ると向こうの山が見えなくなるほど、視界を遮っていました。

このマンションの近くには、著名な企業の別荘がいくつかあります。

山に囲まれていて静かな場所です。

阪神淡路大震災の時には、岡本地区に住めなくなったので、一時、こちらの有馬のマンションで生活していた思い出があります。

久し振りに来てみると、マンションは綺麗だし、管理も行き届いているし、天然温泉も館の中にあるし、環境も良いので売らなくても活用出来るなら、活用した方がいいとは思います。

まさに、鶏肋です。

部屋に入ってみると、以前のことが頭の中に思い出されてきました。

ここから三宮までは高速道路が繋がっているのですぐです。

曹操ほどの、大きな迷いではありませんが、私にとってみると、処分するには惜しいし、持っているほどの値打ちはない、鶏肋のようです。

部屋の片付けをして思い出にふけてるうちにお昼が過ぎたので、どこかへ食事に行くことにします。

2018年5月10日(木)