社長メッセージ:「耳に良い音 悪い音」(2007年9月号)

給与袋に添えて[9月号]

給与袋に添えて

耳に良い音 悪い音

夏から秋へと季節が移る頃は、街の緑地でも鈴虫のきれいな鳴き声が、耳に良い音として聞こえます。

職場でも、良い音と悪い音が聞こえてきます。

悪い音は、機械の軋む音、例えばドアの開閉時に軋む音、紙を切るカッターの軋む音、事務イスの軋む音などは、耳に悪い音に聞こえます。

顧客にとって悪い音は、待っている時に聞える私語の様です。良い音は、挨拶やお礼の言葉の様です。

組織にとって良い音は、お互いへの感謝やお礼の言葉であり、ほめられるときの声の様です。

反対に耳に悪い音は、非難、小言、注意される声の様です。

しかし、音が出ていれば悪い処が分かるきっかけにつながりますが、音が出ない、意見が出ない沈黙状態では、不調の具合が分かりません。

アンケートハガキは顧客からの声なき声ですから、私達も耳を澄まして聴き取りたいと思います。

2007(平成19)年9月25日
社長 松葉 博雄


 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です