沖縄の海から、残暑お見舞い申し上げます(10)

岩が幾重にも折り重なった、少し隠れ場が多い岩礁にやって来ると、ここには、たくさんの魚が出入りしています。

近づくと、警戒して、奥の方に逃げ込んで、なかなか出てきません。
チラッと見た感じでは、チョウチョウウオがいろいろ見えました。

トゲチョウチョウウオは、珍しくないのですが、アケボノチョウチョウウオや、ニセフウライチョウチョウウオなら、

少し気になる品種なので、出口でしばらく待っています。

しかし、息継ぎのためには、あまり深く長い時間、息を潜めているわけにもいかず、なかなか出てこない、

美人のチョウチョウウオの姿を待ち望んで、息苦しさと根競べです。

珊瑚礁の海の底にも、いろんな陸上からの廃棄物が、散乱しています。

コンクリート製の溝か、ブロックなら、すぐに魚の隠れ場所に利用されています。

珊瑚礁の魚のためには、漁礁を人工的に作って、プレゼントしてあげると、

魚を見るための、絶好のポイントになり、ダイビング客やシュノーケリング客が集まりそうです。

沖縄の海から、残暑お見舞いをお届けしましたが、涼しく感じましたか?

これで、終わります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です