那覇空港で、中華航空機爆発事故のボーイング737-800型機を見ました。

中華航空機事故

2007年8月20日(月)午前10時35分ごろ、那覇市の那覇空港で、台北発那覇行きの中華航空ボーイング737-800型機が爆発、 炎上 したとのニュースが飛び込んできました。

飛行機事故の重大性もありますが、松葉博雄が特に関心があったのは、那覇空港をよく利用していることと、ボーイング機によく乗っていることで、とても事故が気になりました。

この中華航空機には、乗客157人、乗員8人で、うち日本人は乗客23人、乗員1人が乗っていましたが、全員が無事でした。

中華航空機事故

中華航空機は午前10時27分に那覇空港に着陸した後、駐機場で炎上し、乗客が全員避難した後に、主翼の下にある左エンジン部分から出火したようです。 約1時間後の午前11時37分に鎮火しました。

中華航空機事故

2007年8月23日(木)に、松葉博雄は、第89回沖縄訪問のため、神戸空港から那覇空港に到着しました。

中華航空機事故

中華航空機事故

今の新しい国内線が出来る前には、国際線が旧国内線でした。

中華航空機事故

中華航空機の事故は、国際線の滑走路で起こったので、その周りには、沖縄県警によって、一般人が近づかないようにバリケードが張られています。

中華航空機事故

事故現場に近づくことは出来ないので、少し離れた所から事故機を見ています。

中華航空機事故

中華航空機事故

8月23日(木)に、事故機の右主翼内の燃料タンクに穴が開いていたことが、国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会の調べで分かりました。

中華航空機事故

中華航空機事故

ボーイング737-800型機は、側で見ると、とても大きな機体です。

中華航空機事故

尾翼や、両翼は、焼け爛れ、飛行機らしさの外形は、機首部分だけです。

中華航空機事故

この様子は、8月23日(木)の琉球新報の夕刊にも載っていました。

中華航空機事故

那覇空港で、仕事をしている人のお話では、事故の当日は、たくさんの人が、駆けつけ、送迎が出来ないほどの大混乱だったそうです。

事故調査委員会の報告があれば、原因と予防が明らかになると思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です