路上弁当販売を求めて、フラワーロードに行ってみました。

お昼ごはんは、馴染みの店ばかりです。気分転換に路上弁当販売を探してみました。

春の陽気に誘われて、奧さんと一緒に三宮のフラワーロードの界隈に来てみました。

これからお昼ご飯を食べに行きます。

普段さんプラザ・センタープラザを中心にして同じお店をぐるぐる廻る昼食コースです。

趣を変える為に、JR三宮から市役所に抜けるフラワーロードの方に行ってみました。

大通りの周りには、視界をさえぎるような大きな木は植えられていません。

街路樹には桜の木はありません。

桜を植えると毛虫が発生して、その駆除に大変手を焼くことがあります。

4月の暖かくなった春をどこで感じようかと、歩道の花壇を見て回りました。

銀行の集まる街角には、ふれあい花壇がありました。

ふれあい花壇には、チューリップやパンジーのように、春が本格的になっているという、そんなメッセージを伝えるような花が寄せ植えのように植えられています。

港から吹き抜ける冷たい浜風が吹いていたのが嘘のようです。

地上を歩いていても、路面に面したところには飲食店はありません。

それもそのはず、この辺りは三宮の一等地で、地価は高く、飲食店が路面にお店を開くには地価が高すぎるのです。

その代わりに、土地代の要らない、軽トラックを使って移動する、路上弁当販売店が道端に並んでいました。

移動販売店のお弁当を、久し振りに食べたくなり、以前よく並んでいた路面に行ってみました。

しかし、見つかりません。

路面販売店の代わりに見つかったのは、花壇です。

花壇には、4月の花が咲いています。

こんな地価の高いところに、チューリップの花が咲くのは、よほど高いチューリップになります。

これは神戸市が設けている花壇なので、税金の結晶のような花です。

国際会館の方に向かって進む横断歩道の途中で北の方向を見れば、JR三宮や、そごう、交通センタービルなどが見えます。

南の方を見れば、神戸市役所や、東遊園地が見えます。

普段は通らない道です。

この辺りは地下街を利用しているからです。

国際会館の前を通り、西村屋の方に進むと路面店には、昼食をとるようなお店は、見当たりません。

やはり、地下にもぐるか、ビルのところの階層の高いところに行って飲食店を探すしかありません。

三色スミレの寄せ植えを見ながら、どこに行こうか迷ってしまっています。

以前にはお昼時になると軽トラックがオフィス街に並び、お弁当を売っていたことを思い出しました。

それが、最近では規制を受けているのか、500円くらいのお弁当を、お昼頃売りに来るトラックの移動販売店は、見当たらなくなりました。

腹づもりでは、移動販売店のお弁当を買って、国際会館の広場で、日光浴をしながら、お弁当を食べる予定でしたが、少しの間来ないうちに、様子はすっかり変わっていました。

2018年4月2日(月)