2018年のホワイトデーは、淡路島産イカナゴの釘煮をお返しにしました。

バレンタインのお返しの日は、3月14日です。

今年のお返しは、淡路市富島の魚亀商店のイカナゴの釘煮です。

魚亀商店には、電話で注文して、会社に送ってもらいました。

イカナゴは日々成長して、どんどん体長が伸びてきます。

一般には、小さいイカナゴの方が、釘煮は美味しいと言われています。

魚亀商店にお願いして、比較的早い時期に釘煮を作った、サイズの小さいイカナゴを送ってもらいました。

バレンタインのお返しなので、男子の社員の方には用意出来ていません。

イカナゴの釘煮は、熱々のご飯でも美味しいですし、お茶漬けをしても美味しいので、きっと皆さんから喜ばれると思います。

バレンタインのお返しで多いのは、クッキー、キャンディーなどのお菓子類が多いようです。

イカナゴの釘煮をお返しに選ぶのは、きっと少ない事例だと思います。

しかし、チャラチャラしたお菓子より、イカナゴの釘煮の方が、はるかに食べて美味しいと自信を持って選びました。

イカナゴの釘煮はご飯のお供だけでなく、ビールやお酒のお供にも良いのです。

家族の多いお家の場合は、きっとすぐに食べて、無くなると思います。

もっとイカナゴの釘煮を食べたいと思ったら、包装紙に書いてある魚亀商店にお電話して、イカナゴの釘煮を注文して下さい。

取り寄せるときは、穴子の炭火焼きもお勧めです。

穴子の炭火焼きも、冷蔵庫で保存すれば、比較的長持ちします。

2月のバレンタインデーに続いて、3月のホワイトデーが過ぎると、次の行事は4月のお花見になりますが、以前のように会社の皆さんで、夜桜見物に行くような催しは、最近は出来ていません。

ブルーシートを敷いて、桜の下でお酒を飲んで、手拍子を打って歌っていたのは、随分昔の思い出になってしまいました。

2018年3月14日(水)