マンゴーの大きな種を飲み込んだりんりんは、切開手術の可能性もあり、急遽、明石の夜間救急動物病院へ行くことになりました

マンゴーを食べたその日の夜のことです。りんりんは、マンゴーの種を密かに飲んでしまいました。

マンゴーの種は、長さ10センチ、幅3センチ、厚さ5ミリぐらいの、小判型の平たいものです。これが、胃から腸に移ると、腸壁を破る可能性もあります。飲んだのは、夜の10時半ごろです。

りんりん

もう一般の動物病院は開いていません。

「さぁ、どうしようか?」と、悩みました。知り合いの内科の先生に電話してみました。胃腸科の先生ですが、専門は人間なので、やはり犬のことは分からないということでした。

りんりん

いろいろインターネットで調べたら、夜間救急動物病院があるということが分かりました。

夜間救急動物病院は、明石にあります。すぐに連絡を取って、相談すると、「早く来たほうが良いでしょう」ということになりました。

りんりん

松葉博雄は、ビールを飲んでいたので、運転は娘がします。奥さんと3人で、りんりんを抱いて、夜中に第2神明道路を走り抜けて行きます。

りんりん

明石西ICで高速道路を降りて、そこから海の方向に1キロほど行くと、病院はありました。

りんりん

夜間救急動物病院に、「誰か他の人も、来ているのだろうか?」と思っていると、ちゃんと来ています。何組かの患者さんと言うか、動物が処置を受けています。

りんりん

りんりんは、早速、前足に注射を打たれました。注射を打って、お腹を押さえて、飲み込んだマンゴーの種を吐き出させようという診療方針のようです。

りんりん

りんりんが、注射を打たれるのは、神戸のリバティ動物病院以来です。まず、これから診察を受ける前に、同意書にサインします。何かあっても、意義申し立てをしない」という同意書です。

りんりん

注射をしたりんりんは、どうなるのでしょうか?

2007年7月27日(金)