社長メッセージ:「何かを始めるには、今日より早い日は無い。」(2007年6月号)

給与袋に添えて[2月号]

給与袋に添えて

何かを始めるには、今日より早い日は無い。何かを始める、例えば趣味、スポーツ、おけい古事などを始めるのは、一日でも早い日が良いと思います。

そう考えて、研修を何年も前から始めました。合宿研修は、例年、蛍の飛び交う6月頃行っています。

少しずつ研修の効果は明らかに成りつつあります。アンケートハガキでの反応でも、研修の成果が認められる顧客の声が届いています。

研修の成果は、二次的効果を生み、先輩社員が後輩社員へ学んだ事を伝えられる段階に来ています。

今日より早い日は無いと考えて、スタートをしてみて下さい。顧客サービスに関する事や、従業員満足につながる事は、サービスのイノベーションと成ります。

早く気が付き、早く取り組み、早く始める事を期待しています。

2007(平成19)年6月25日
社長 松葉 博雄


 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です