恩納村タイガービーチを一望する高台の白亜のテラスで、コーヒーを飲み、また沖縄のお友達が増えました。 第86回沖縄訪問(15)

【沖縄本土復帰35周年記念日は、5月15日です。日本プロゴルフ選手権大会が沖縄で開催されました その15】

お昼に片山正喜さんのお家を訪ねて行きます。

片山正喜さんのお家を訪ねていくのは、片山正喜さんから、「菜園で出来たトマトやセロリを取りに来ませんか?」というお誘いを受けたので、今日、頂きに行きます。

片山正喜さんのお家には、屋根の上に目印の海賊の旗が立っていて、ドクロのマークが、片山正喜さんの家のマークになっています。

見晴らしの良い高台です。

お隣に、随分と瀟洒な、白亜の別荘のような豪邸が一際目を引きます。

以前、テレビ局の取材があり、神戸の自宅で、テレビを通して、このお家を見たことがあります。

あの「一度行ってみたいなぁ」と思って、気になっていた豪邸が、なんと、片山正喜さんの案内で、お家に訪ねて行けることになりました。

銅谷さんのお家です。

片山正喜さんとは、ご近所付き合いをしていて、大変気心が通じているようです。

銅谷さんが、コーヒーをご馳走してくれました。

目の前に広がる恩納村のタイガービーチと、珊瑚礁の海が、一望に望めて、素晴らしい眺望です。

海の見えるテラスには、ジャグジーが用意されていて、海を見ながら、夜空を見ながら、ジャグジーを楽しめるようになっています。

家の前には、森があり、ヘゴヤシが並んでいて、「ここは沖縄ですよ」と言っているぐらい、亜熱帯の森です。

片山正喜さんは、しょっちゅうこのテラスにお邪魔しているようで、全然、他所のお家に来たような素振りがありません。

大変よく溶け込んでいることが、よく分かりました。

銅谷さんのお家の屋上には、ゴールデンレトリーバー犬がいて、人懐っこくて、松葉博雄にもじゃれてくるのですが、なにしろ体が大きいので、圧倒されそうなほどでした。

屋上から見る眺望も、素晴らしい眺望です。

ここから、松葉博雄が泊まっているホテルが、隣のように見えています。そのまた向こうには、真栄田岬や、残波岬が見えています。

驚きと羨望の時間があり、一服した後、銅谷さんのお家をお邪魔しました。「また来てください」と、親切なお誘いを頂きました。今日の用件は、片山正喜さんの菜園の野菜を頂くことです。これから、片山正喜さんが開拓した菜園に向かって、進みます。

2007年5月16日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です