もし六甲山が噴火したら、神戸の街は、ポンペイのように、溶岩と火山灰に埋もれるのでしょうか?

寅さんの台詞のように、『それを言っちゃあおしまいよ』のレベルまで言い過ぎれば、人間関係も自然災害のように壊れてしまうこともあります。 淡路の地魚と季節の鮮魚回転寿司 金太郎

マスコミ報道によれば、草津温泉のある白根山が、爆発したそうです。

この所、各地で火山が爆発し、近隣の住民に不安感を与えています。

日本は、火山国であることを忘れてはいけないのです。

六甲山は、火山か休火山なのか調べてみると、六甲山は火山ではないようです。

もし、地殻変化や、マグマの活動が活発になれば、六甲山でも火山が爆発する可能性あるのです。

「火山噴火 無料...」の画像検索結果

昔、古代ローマの時代に、ポンペイの都市に、ヴェスヴィオ火山の突然の噴火によって、ポンペイの町は一晩の内に、火山灰に埋もれてしまいました。

神戸の街に、六甲山の火山の溶岩が流れ込めば、街は焼けてしまいます。

その上から火山灰が降り注ぎ、消防でも自衛隊でも、なす術がありません。

こんな話を奧さんと回転寿司でお寿司を食べているときに話すと、びっくりしていました。

六甲山が休火山であることは、あまり気にしていません。

だから、もしも、もしもの話です。

日本列島は、台風の頃は、台風の風と雨に痛めつけられ、地震の時には、地震の揺れや津波に大きな被害に見舞われ、そして火山があるのです。

今日の回転寿司は、シニアの割引の日で5%割引でした。

これはラッキーなので、量より質を高める為に、値段の高いお皿を選ぶ事にしました。

六甲山は急斜面なので、もし台風で大雨が降れば、表層崩壊が起きるかも知れません。

人間関係でも、突然、ちょっとしたことに怒り出し、怒りが怒りを生んで、火山の様に怒りが吹き出すことがあります。

こうなると、人間関係の修復は難しくなります。

表層崩壊も、人間関係に置き換えてみると、ふとした一言や、ふとした行動で、これまでの穏やかな関係が崩れてくることがあります。

マスコミ報道によれば、日馬富士の暴行事件にしても、その深層には、別の問題が根深く影響しているようで、一つのきっかけが、他の大きな結果に繋がっていることがあります。

男はつらいよの映画で、渥美清さんがよく言っていた台詞、『それをいっちゃおしまいよ』は、現実にあるのです。

あの一言で、これまでの良好な関係が崩れたり、あそこまで言っちゃいけないあの一言で、関係がお終いになってしまうことがあります。

天然の災害は、なかなか防ぐことが難しいのですが、人間関係の災害は、それを言っちゃお終いのレベルまで言わないように、心掛けるようにしたいものです。

今日の回転寿司の支払いは、5%割引になったので、なんだか得した気持ちになりました。

2018年1月18日(木)