セキスイハイムの二階建てプレハブ住宅は、数時間で解体されてしまいました。

人の住まなくなったプレハブ住宅は、鳩や猫やアライグマの住処になっていましたが、重機の力でいとも簡単に解体されてしまいました。

淡路市東浦町大磯の、海の家の隣にあったプレハブ住宅を取り壊しています。

このプレハブ住宅は、セキスイハイムが建てた家です。

永らく放置していたので、住宅は荒れて、屋根の裏には鳩が沢山住んでいました。

朝になると鳩が電線に止まって、これから餌を求めて飛び立つ様子は、とても沢山の鳩の数に驚いたことがあります。

プレハブ住宅を取り壊す作業を見ていると、ショベルカーの力に驚きます。

アタッチメントを取り替えると、普段削る作業が、今日は掴んで引っ張り、引きちぎる作業に代わっています。

作業の人に聞くと、産業廃棄物は、分別が細かく指定されているようです。

再生可能な鉄くず、アルミ、銅などは引き取ってくれます。

再生出来ない断熱材は、嫌われ者です。

ガラスなどの割れ物も区別して取り壊されています。

オペレーターは、実に上手に素材別につかんで、取り壊しています。

木造建築と比べると、プレハブ住宅は、壊すのにはそれほど手間暇かからないようです。

壊すよりは、分別の方が難しいようです。

人が住まなくなった廃屋は、どんどん劣化して、代わりに野生動物が住むようになっていました。

屋根には鳩が、床の下には、猫やアライグマなどが交代で住んでいました。

鳩が増えると、周りは鳩の糞が増えて、プレハブ住宅の樋は、鳩の糞で詰まっていました。

庭は、サザンカの花が満開です。

作業している方に、昨日まで住んでいた鳩は今夜からどこで泊まるのでしょうか?と話すと、

鳩はまた次の空き家を探して、新しい住宅を作ると思いますよと言っていました。

見ている内に、解体作業はどんどん進みます。

二階建てだったプレハブ住宅は、もうすっかり二階はなくなり、平屋になってしまいました。

その平屋も、残るは後一部屋だけです。

人の住んでいない廃屋は、全国に沢山あります。

地方自治体も、近隣の人達も、勝手に処分は出来ず、困っている例を聞いています。

今回は、後方的な手順で解体に至っているので、この地域の人達も、鳩の問題や美観の問題で、喜ぶ結果になると思います。

あと数十分もすれば、全ては壊れてしまい、跡形もなくなり、元の更地になります。

重機の力は、数時間で一軒の家を取り壊してしまいますが、人と人の話し合いによって、取り壊すまでの法的な手続きは、とても長かったようです。