冬至の頃は大掃除の時です。普段掃除をしていない窓ガラス、窓際、床、机の下などを、丁寧に掃除しました。

捨てたらいいのに、捨てられない書類や、資料を未練に繋がれたまんま持ち越しています。積み上げた資料を処分すると、事務所はもっと綺麗になるのにと思いつつ、物は増えていくばかりです。

2017年、今年の冬至は12月22日です。

冬至が近づけば近づくほど、太陽の高さが低くなり、部屋の奥にまで太陽の光が差し込んできています。

冬至が近づくと、年末の大掃除の時期になってきます。

外は暖かい小春日和のような太陽が差し込む中で、センタープラザビル14階の事務所の大掃除が始まりました。

大掃除の指揮をとってくれているのは、石田マネージャーです。

普段、掃除が出来ていない窓ガラスを拭いて、綺麗にしてくれました。

外側の窓ガラスは、一年に一二回は、センタープラザビルがゴンドラに乗った専門の窓ふきの方が、窓ガラスを磨いてくれています。

ハードコンタクトレンズの汚れを洗い流せば、視界が綺麗になるように、窓ガラスを拭くと、周りの視界がクリアに見えてきました。

14Fから見える景色は、南側は大阪湾で、すぐ近くには神戸市庁舎の高層ビルが見えます。

東側の窓には灘区・東灘区あたりの海と山が見えます。

そして北側は、六甲山の山脈が緩やかな傾斜で広がっています。

事務所を一番乱雑にしているのは、私のようです。

私のデスクの周りは、経営資料や、研究資料が山積みになったままです。

社員の皆さんは、社長さんに遠慮して、こんなもの捨てたらいいのにと思っていても、捨てることも出来ず、乱雑な状態が永年続いています。

お祝いやイベントの時に頂いた胡蝶蘭の鉢は、窓際に置いておくと、二度咲き、三度咲きを見せてくれるので、ついつい胡蝶蘭の鉢が溜まってきています。

胡蝶蘭にとっては、朝日からお昼頃を経て、夕方までガラス越しの日があたるので、胡蝶蘭の環境にはとても良いようです。

水槽には、メダカが泳ぎ、メダカが次の世代のメダカを産んで、その孵化する為に、周辺には小さな水桶なども増えてきています。

言い訳のようですが、事務所に水槽や鉢を置いているのは、水が蒸発して、事務所の空気を乾燥から守るためです。

現実に、一週間で、ペットボトル10本以上の水を、水槽と植木鉢に補給しています。

午前中で事務所の大掃除は終わりました。

見た目にも綺麗になって、仕事環境がよくなったように思います。

空気はしばらく埃まみれなので、皆さんマスクをして、ホコリが鎮まるのを待っています。