恩納村の潮干狩り「恩納干し」では、海の底からたくさんの生物が浮き出てきます。 第85回沖縄訪問(15)

恩納村の潮干狩り 恩納干しは、旧暦3月3日に忽然と海が陸になり、海の底からたくさんの生物が浮き出てきます。
【沖縄の伝統行事と伝統的文化に触れて、ますます沖縄の心が好きになりました その15】

お昼過ぎ、潮干狩りが出来る珊瑚礁が水面から現れた場所に着いたものの、潮干狩りとは、何を、どうやって獲っていいのかが分かりません。

潮干狩りが出来る珊瑚礁が水面から現れました

保護色やらで隠れていて、どこに何があるのか、ひっくり返してみないと分からず、目が慣れないと、なかなか獲物の発見が難しいのです。

潮干狩りが出来る珊瑚礁が水面から現れました

潮はどんどん引いていきます。

すっかり潮は引いて、珊瑚の岩が空気に触れるところまで来ています

12時半を過ぎて、1時になろうかというときには、もうすっかり潮は引いて、珊瑚の岩が空気に触れるところまで来ています。

すっかり潮は引いて、珊瑚の岩が空気に触れるところまで来ています

前兼久や、冨着のリーフは、以前はテーブル珊瑚が生い茂っていたようですが、最近は、いろいろな環境汚染で、テーブル珊瑚の群生が、死滅してしまっています。

しかし、その中で、テーブル珊瑚の新しい芽が出ていることが、確認できました。

テーブル珊瑚の新しい芽が出ていることが、確認できました

テーブル珊瑚に成長しそうな、小さな芽が出ています。

テーブル珊瑚の新しい芽が出ていることが、確認できました

これらが大きくなってくれば、昔の珊瑚礁が復活します。

白い柔らかい珊瑚もいっぱい見えています

しかし、何年も掛かると思います。白い柔らかい珊瑚もいっぱい見えています。

白い柔らかい珊瑚もいっぱい見えています

たくさんの珊瑚の写真を撮っていきます。とても綺麗ですね。

変わった動物、変わった貝、変わった軟体動物を見つけました

午後の1時を過ぎて、少しずつ、潮干狩りの状況が出来たので、今日の獲物を求めて、探してみます。

変わった動物、変わった貝、変わった軟体動物を見つけました

主に、貝とか、ウニを獲ることになります。

だんだん目が慣れてきて、隠れているウニの見つけ方が分かってきました

珊瑚はたくさん生えていることが確認できました。変わった動物、変わった貝、変わった軟体動物を見つけました。海藻類も綺麗です。

だんだん目が慣れてきて、隠れているウニの見つけ方が分かってきました

たくさんの水溜りを見ていると、だんだん目が慣れてきて、隠れているウニの見つけ方が分かってきました。ウニをいっぱい獲りました。

ウニは、海草を身にまとって、保護色になっています。

恩納村や前兼久の周辺に広がるリーフは、ほとんどが水面に浮き上がってきました。

外洋からは、大きな波が押し寄せて来ています。

外洋からは、大きな波が押し寄せて来ています

金城正浩さんの船は、もう歩いていけそうなところまで、潮が引いてきていました。

潮が引いてきました

せっかく獲ったのだから、ウニを割って食べてみましょう。ウニを割って、食べてみたところ、あまり身入れが良くないことが分かりました。

まだ十分に卵が大きくなっていない状況です。

ナマコもたくさん獲れました。ところが、入れ物を持って来ていなかったので、持って歩く訳にもいかず、とりあえず一ヶ所に固めて、集めておきました。

水中カメラがあれば、浅いところに茂っている綺麗な藻や、タイトプールに残った小魚の写真を撮りたいところですが、あいにく、水中カメラは故障中です。

ウニが周りの藻をトゲトゲの外側にまとって、まるで、ひとつの海草の塊のように、カモフラージュしている写真を撮りました。

綺麗な軟体動物が、白い糸こんにゃくのような細い糸を何本も出しています

ナマコのような、ウミウシのような、綺麗な軟体動物が、白い糸こんにゃくのような細い糸を何本も出していました。

綺麗な軟体動物が、白い糸こんにゃくのような細い糸を何本も出しています

ちょっと触ってみると、白い糸は、広がり、手に付くと、ネバネバとして、取れません。えらいものに触ってしまったと、驚きました。敵が来ると、このように防御のために、糸を出すようです。いつの間にか、潮干狩りに夢中になっていると、時刻は3時ごろになったので、そろそろお昼ごはんの時間です。

2007年4月19日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です