家族の一員として、シーズー犬のりんりんは、シャワーとドライヤーのサービスをママさんから受けています。

りんりんを洗うことにしました。

りんりんをシャンプーしました

シーズー犬のりんりんは、体毛が目を突いて、目やにが流れ出て洗わないと、シーズー犬の匂いがプンプンするのです。

りんりんをシャンプーしました

りんりんは、どちらかと言うと、お風呂好きではないのです。

ワンちゃん用のしゃんぷとリンスで洗います

松葉博雄が、中学生の時には、飼っていた犬を川に連れて行き、泳がせて、風呂の代わりにしていました。

ワンちゃん用のシャンプーとリンスで洗います

それが、2007年の現代では、ワンちゃん専用のシャンプーとリンスがあり、シャワーで、ゆっくりと温度を上げて、驚かないようにして、そっとシャンプーをします。

ワンちゃん用のシャンプーとリンスで洗います

昔の川に漬けて風呂代わりとは、えらい時代の違いです。

ワンちゃん用のシャンプーとリンスで洗います

りんりんは、そんな昔のことと比較されても困ります。川に連れて行き、寒いときでも泳がせるなんてことをもししたら、きっと、風邪を引き、発熱をし、特別休暇を要求するはずです。

ワンちゃん用のシャンプーとリンスで洗います

りんりんは、シャンプーを終ると、濡れた体毛で、体が細く見え、なんだか、スマートに減量したように見えます。

プルンプルンと体を回転して、あたり一面にしぶきを飛ばして、一刻も早く水切りをして乾かせたがります。

そんなことは、部屋の中でされたら大変なので、押さえつけて、タオルで拭いて、ドライヤーで乾かして、シャンプーは終わりました。

 

2007年3月22日(木)