社長メッセージ:「蛍の光 窓の雪」(2007年3月号)

給与袋に添えて[3月号]

給与袋に添えて

蛍の光 窓の雪

3月も終わりが近づく頃は、学校の卒業式があり、街には卒業式のあった事が判る服や、花束を持った学生の喜びの顔を見受けます。

見事、修学をした事を蛍雪の功と言います。

今の様に電灯の無い昔の時代では、本を読む灯を求めて、蛍の光や雪の白い反映を光源とした時代が有ったのです。

視力の回復にしても、昔、眼鏡を求める事も大変な出費と労力を払っていました。

現代では、使い捨てのコンタクトレンズの時代と成って、視力の回復の労力と費用は、うんと軽減し、その有り難ささえも軽く成って行きます。

蛍の光で学び、窓辺に雪明りを求めていた時代の事も忘れないで、思い出したいものです。

2007(平成19)年3月25日
社長 松葉 博雄


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です