豪華客船「飛鳥Ⅱ」が3泊4日の「雛祭りクルーズ」のため神戸港に入港。「フライ&クルーズ」の時代になりました

本日15時ごろ、さんプラザコンタクトレンズの本社のある、センタープラザビルから神戸港を見ると、大きな船が入港してくるのが見えました。

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が神戸港に入港

「見たことがある船だな…。」と思って、インターネットで、神戸港の入港スケジュールを見てみると、2006年12月11日(月)に横浜港に向かって出港した、豪華客船の「飛鳥Ⅱ」でした。

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が神戸港に入港

今回のクルーズは、「飛鳥Ⅱ就航1周年・ひな祭りクルーズ」と称して、神戸→油津(日南)→松山→神戸と、3泊4日のクルーズのようで、3月3日のお雛祭りに神戸港から出港するために、前日に入港してきたようです。

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が神戸港に入港

前回は、出港するところだったので、船尾の部分しか見えませんでしたが、今回は入港なので、船首の部分が見えます。とても立派で豪華な船で、威風堂々とした入港です。

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が神戸港に入港

「飛鳥Ⅱ」は、日本人の嗜好を加えて改装しただけあって、船内がとても充実しているようです。以前、予想したように、神戸新空港で、神戸港を組み合わせて、「フライ&クルーズ」が、日常的に行われる時代になりました。

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が神戸港に入港

レストランやカフェは4つ、ラウンジとバーは6つもあります。ホールやシアターも4つあり、ショーやダンスを楽しむことができます。

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が神戸港に入港

また、プール、マッサージ、エステ、フィットネス、美容室など、リラクゼーション設備も揃っていて、思い切り体を動かすことができて、船上でも運動不足にはならないようです。

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が神戸港に入港

その他、カジノやコンピュータルーム、ショッピングエリアもあり、ちょっとした街のようになっています。

豪華客船「飛鳥Ⅱ」が神戸港に入港

これだけの設備が整った「飛鳥Ⅱ」。お値段も「それなり」のお値段です…。

2007年3月2日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です