金城正浩さんの台湾レポートと、金城正浩さん、金城初子さんの昔話 第83回沖縄訪問(9)

金城正則さんの台湾研修レポートを聞き、金城正浩さん、金城初子さんに、ムーンビーチホテルが出来た当時の昔話を聞きました。【沖縄のバレンタインデーは、チョコレートを頂き、粕汁を作り、ブルービーチの米軍演習を見ました その9】

朝日会のテントの中で、冨着信和会長が釣り上げた、大物クエの話題で沸いている頃、松葉博雄の奥さんは、今夜は、金城正則さんのお家に行って、粕汁を作ることになります。

松葉博雄の粕汁

金城正則さんのお家では、金城正則さんのお兄さんの金城正浩さんと、金城初子さんのご夫婦も一緒に、飲み会になります。金城正道さんと、金城伊吹さんも、伊音ちゃんを連れて、一緒です。

金城初子さんの野菜の天ぷら

金城初子さんは、自宅で作った、野菜の天ぷらを持って来て頂いています。

たくさんのメニューになりました

お皿が増えて、メニューも増えて、頂く側は、嬉しいことです。

たくさんのメニューになりました

粕汁は、松葉博雄が、味付け担当です。沖縄では、清酒を作ることが少ないので、酒粕がないのか、粕汁の文化がないようです。

刺身

そこで、今夜の粕汁は、金城家の皆さんにとってみると、珍しいことになります。

金城家の皆さんにとって、粕汁は珍しいものになります

クレアちゃんと伊音ちゃんは、松葉博雄がお土産に持ってきた、アンパンマンのシャボン玉に夢中になっています。

クレアちゃんと伊音ちゃんは、お土産のアンパンマンのシャボン玉に夢中です

シャボン玉は、夢を膨らますように、大きく膨らみます。

クレアちゃんと伊音ちゃんは、お土産のアンパンマンのシャボン玉に夢中です

子ども達は、シャボン玉吹きに夢中です。シャボン玉をする年齢というのは、小学生まででしょうか?

金城家の皆さんと、お料理を食べながら、お話が弾みます

松葉博雄は、20代、30代、40代になったときには、シャボン玉をほとんどしていません。金城家の皆さんと、お料理を食べながら、お話が弾みます。子ども2人は、大はしゃぎで、その後、いろいろと、昔話をしました。

金城家の皆さんと、お料理を食べながら、お話が弾みます

どんな昔話かと言えば、金城正浩さんと、初子さんとの初めての馴れ初めについて、まだ未公開のお話を尋ねてみました。恥ずかしそうなご返事に、皆さん、大笑いで、「へぇ、そうだったん?」と、うけています。

金城正則さんの台湾土産のお話が弾みます

10時を過ぎて、10時半ごろ、金城正則さんが、台湾での研修旅行から帰ってきました。前兼久村を代表して、研修に行っていることなので、研修の内容も、大変だったようです。公務出張、ご苦労様でした。

早速、出来立ての粕汁を食べて、台湾土産のお話が弾みます。

金城正則さんの台湾土産のお話が弾みます

テレビでは、ちょうど、台湾の希少民族の生活について、映像が映っていました。フィリピン、台湾、沖縄へと続く、黒潮のもたらす、漁業の恵みについて、台湾の離島に住む先住民族の伝統漁業をレポートしています。

金城正則さんの台湾土産のお話が弾みます

金城正則さんは、台湾から帰ってきたばかりなので、もう、台湾通ということで、テレビで紹介されている話を、本当かどうか、周りのみんなが、尋ねて、確認しています。

金城正則さんの台湾土産のお話が弾みます

いくら台湾帰り直後でも、何でもかんでも研修した訳ではないと思いますが、金城正則さんが答えていると、一同「うん、うん」と頷いて、納得しています。

金城正則さんの台湾土産のお話が弾みます

金城正道さんは、随分お酒が強いです。

金城正則さんの台湾土産のお話が弾みます

どんどんビール、泡盛、清酒を飲んでいます。松葉博雄も大変酔いました。だんだん、「少し、自分のしゃべり方がおかしいなぁ」と、思いながら、しゃべっています。

金城正則さんの台湾土産のお話が弾みます

つまり、呂律が回っていないという自覚症状が出ています。今夜の楽しい飲み会で、松葉博雄の溜まったストレスも、かなり解消したようで、側にいる、奥さんも、「お酒飲むな」のサインは出ていません。利絵ちゃんが、酔っ払っている松葉博雄と奥さんをホテルまで送ってくれました。今夜は、楽しいお酒と、詳しい台湾研修レポートをお聞かせいただき、ありがとうございました。

金城正浩さんと金城初子さんとの飲み会も、昔話を聞いて、大変勉強になりました。ありがとうございました。

 

2007年2月12日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です