沖縄県立石川自然の家と緋寒桜(ひがんざくら) 第83回沖縄訪問(3)

恩納村に住み着く女性ダイバー達、沖縄県立石川自然の家、緋寒桜(ひがんざくら)に見とれました。
【沖縄のバレンタインデーは、チョコレートを頂き、粕汁を作り、ブルービーチの米軍演習を見ました その3】

建国記念日の振替休日で、今日もカレンダーでは、お休みのマークが付いた日です。

前兼久の朝

前兼久の朝は、どうでしょうか?ムーンビーチの空は、とても綺麗で、残波岬(ざんぱみさき)の遠方まで見通せます。

朝日会

朝、金城正則さんのお家に行きました。今夜作る材料を千賀子さんに渡して、シャケなどは水に漬けて、塩抜きをしておいて貰うことにしました。

昨日の粕汁と、共同売店で買ったおにぎりで、朝ご飯です

車を海の方に向けて、港の朝日会に行きますが、朝日会のテントの中には、今朝の新聞を誰かが読んでいたようですが、人影はありませんでした。 

昨日の粕汁と、共同売店で買ったおにぎりで、朝ご飯です

昨夜の粕汁が、まだ残っています。松葉博雄と奥さんは、朝ご飯をどこかに食べに行くのも、当てがないので、共同売店でおにぎりを買ってきて、これで朝ご飯を頂きます。

沖縄の恩納村には、2月でもダイビング客が来ています

沖縄の恩納村は、2月だというのに、女性のダイバーが本土から来ているようで、ダイビングショップは、今日も船を出すようです。 

沖縄の恩納村には、2月でもダイビング客が来ています

ライトバンの後ろを開けて、水着の上から、ウエットスーツに着替えて、ダイビングの準備をしている様子が、おにぎりを食べながら見えました。

沖縄の恩納村には、2月でもダイビング客が来ています

後から来た女性は、自転車に乗って、もうすでに、ウエットスーツを着ています。

沖縄の恩納村には、2月でもダイビング客が来ています

きっと、ダイビングショップのスタッフだと思います。

沖縄の恩納村には、2月でもダイビング客が来ています

ここ恩納村には、本土に帰る気のない、女性ダイバーが、ダイビングショップで働いていることも、そのまま恩納村の方と結婚してしまうこともあります。

溜め池では、渡り鳥が羽を休めています

松田光正さんと、これからドライブです。恩納村の周りからスタートです。

本土に出荷する花卉(かき)類

恩納村の農業は、本土に出荷する花卉(かき)類が、多く見られます。今、見えているのは、菊の花です。本土の9月の菊が、沖縄では、2月に出荷できます。

菊の花

農業用水の溜め池に車を止めて、そっと覗いてみると、渡り鳥が羽を休めています。この池には、スッポンも棲んでいるようですが、人の気配がすると、すぐに水の中に逃げてしまいます。

緋寒桜(ひがんざくら)

緋寒桜(ひがんざくら)が、満開に咲いています。青い空をバックに、緋寒桜を写してみます。

沖縄では、2月に緋寒桜が咲き、満開です

沖縄では、2月に緋寒桜が咲き、その後、梅が咲きます。本土と順番が違います。

沖縄では、2月に緋寒桜が咲き、満開です

車は、松田光正さんの案内で、「沖縄県立石川少年自然の家」辺りを散策しています。

この辺りは、夏はキャンプファイヤーができるように、屋根の下で火が焚ける様に、設備が出来ています。

これだと、煙がご近所に迷惑にならないですし、雨の時でも、キャンプファイヤーが出来ます。もちろん、山火事の用心にもなります。

松田光正さんは、地域の情報に詳しく、自然の観察が好きな人には、とっても心強いナビゲーター役をして頂いています。

知らないと、見過ごしてしまうような、自然が残った道を、車は進みます。

道行く途中で、全ての咲いている花を撮りたいほど、美しい花がカメラを惹き付けます。全部は撮れないので、ちょっと写してみたのが、ブーゲンビリアと緋寒桜の花です。 

これから、石川火力発電所の方に向かいます。

 

2007年2月12日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です