梅は咲いたか、桜はまだか:梅は咲いたか、桜はまだかというのは、桜が咲く間近に梅が咲く事を言っています。京都の和食「吉兆」では、梅の咲く頃には、梅の小枝がお膳に添えられていました。

梅は咲いたか、桜はまだか:梅は咲いたか、桜はまだかというのは、桜が咲く間近に梅が咲く事を言っています。京都の和食「吉兆」では、梅の咲く頃には、梅の小枝がお膳に添えられていました。

「梅は咲いたか、桜はまだか…」と言われるのは、桜が咲く間近に、梅が咲くからです。

庭の梅の木

暖冬の2007年は、梅は咲いても、桜はまだです。

庭の梅の木

少し、冷たい風に吹かれながら、襟首を立てて、缶ビールを持って、梅の近くに行き、今夜も梅見のビールを飲んでいます。

闇夜にパッと浮かんできた梅の花

辺りは、暗くなり、照明灯をつけると、梅の花が暗い闇夜にパッと浮かんできました。今夜の梅の花は、さらに、開花が進んでいます。

闇夜にパッと浮かんできた梅の花

下の枝の方から咲き始めた梅は、今夜は中段にまで及んでいます。

京都の和食のお店「吉兆」などで、季節のお料理を頂くと、今であれば、梅の小枝を料理に添えているのではないかと思います。このような、季節の演出は、咲き切った梅ではなくて、つぼみの小枝です。

闇夜にパッと浮かんできた梅の花

お料理を食べた後、そのままお膳を引かれて、捨てられるのももったいないので、お家に帰って、コップに差していると、しばらくして花が咲くことがあります。

闇夜にパッと浮かんできた梅の花

今夜の梅の花をじっと見ていると、虫が飛んできて、梅の花芯に止まっています。もう、虫も飛んでくる温かさになりました。きっと今年は、梅の実も早く実るような感じです。

 

 

2007年2月7日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です