淡路島 灘黒岩水仙峡(なだくろいわすいせんきょう)

2007年1月18日(木)
お休みを利用して、淡路島に行ってきました。

明石海峡大橋を渡って、淡路SAで休憩をしてから、今日の最初の目的地の「灘黒岩水仙峡(なだくろいわすいせんきょう)」に向かいます。

淡路の「灘黒岩水仙峡」は、標高608mの諭鶴羽山系から海を臨む45度の急傾斜7ヘクタールにわたって500万本もの野生の水仙が群生しています。

展望台からは、水仙のレモンイエローと穏やかな海のブルーのコントラストが見事で、日本三大群生地の一つに数えられる水仙の名所です。

1月を中心に、12月下旬から翌年の2月下旬まで見頃を迎えます。

淡路SAから見える明石海峡大橋

黒岩水仙峡は、りんりんも2000年に行っています。

淡路SAの観覧車

10時前には着いたのですが、ちょうど見頃だったのもあり、すでにたくさんの方やテレビ局の取材の方が来ていました。

灘黒岩水仙峡の入り口

キャラクターの「すいせんナンちゃん」

駐車場から階段を上がって行きます。

駐車場から階段を上がったところ

階段の途中にも水仙がたくさん咲いていました。

水仙

頂上まで上がると、駐車場と反対側は、海に向かって45度の急斜面が広がります。

45度の急斜面に咲いている水仙

なだれ落ちるように群れ咲く水仙は、500万本もあるそうです。

45度の急斜面に咲いている水仙

斜面の歩道を歩いて下りてるとき、来た道を振り返ると、青空とレモンイエローのコントラストが、本当に綺麗でした。

梅の花

歩いていると、水仙の甘い香りが漂ってきます。

少しだけですが、梅も咲いていました。

水仙

水仙は、一本の茎に3~12個の花が付き、約1ヶ月かけて順に咲いていくので、もうしばらくの間、鑑賞することができるそうです。

黒岩水仙峡の次は、福良漁港と丸山漁港でお買い物をしてから、今日のメインイベントのフグ懐石をいただく、料理旅館の「うめ丸」に向かいます。


大きな地図で見る

2007年1月18日(木)